OS ウインドリバー

Wind River Rocket:IoTセンサ、デバイス向けの組み込みOS

ウインドリバーの「Wind River Rocket」と「Wind River Pulsar Linux」は、IoT(モノのインターネット)のセンサー/デバイスを開発する用途に適した組み込みOSである。Rocketはマイコン(MCU)を搭載したIoTセンサー向けであり、実装サイズを4Kバイトに抑えている。Pulsar Linuxは、LinuxをベースにIoTデバイス向けに軽量化した。

 ウインドリバーの「Wind River Rocket」と「Wind River Pulsar Linux」は、IoT(Internet of Things)のセンサ/デバイスを開発する用途に適した組み込みOSである。Rocketはマイコン(MCU)を搭載したIoTセンサ向けであり、実装サイズを4Kバイトに抑えている。Pulsar Linuxは、LinuxをベースにIoTデバイス向けに軽量化した。


米Wind Riverが用意している組み込み用途向けOSのラインアップ。
RocketはIoTセンサー向け、Pulsar LinuxはIoTデバイス/ゲートウェイ開発向け

 同社はこれまで、組み込み用途向けのLinux OS「Wind River Linux」や、組み込み用途向けのリアルタイムOS「VxWorks」をラインアップしてきた。Rocket(4Kバイト)は、VxWorks(200Kバイト)よりも小型軽量。一方のPulsar Linux(300Mバイト)は、Wind River Linux(700Mバイト)よりも小型軽量となる。

 Rocketが動作するプラットフォームは、米Intelや米ARMのMCU(32ビット)を搭載したシングルボード型のコンピュータ。11月4日時点では、x86ベースのIntel Galileoで動作する。順次、米Freescale Semiconductorの「Freedom」や、製造業で人気が高い「Raspberry Pi」など、さまざまなシングルボード型のコンピュータで動作するようにする。

 Pulsar Linuxが動作するプラットフォームは、x86やARMを搭載したボード型コンピュータ。米IntelのMinnowBoard MAXや、米AvnetのMicroZedなどで動作する。Pulsar LinuxはWind River Linuxから重要な部分だけを抽出したサブセットであり、コンパイル済みのバイナリとして提供する。Linuxコンテナを利用可能で、コンテナ型のアプリケーションをデプロイすれば、これをPulsar Linux上で実行できる。

Wind River RocketとWind River Pulsar Linuxの概要
用途と機能IoTセンサ、デバイス向けの組み込みOS
OS名Wind River RocketWind River Pulsar Linux
対象デバイスMCU(32ビット)搭載のボード型コンピュータCPU(32ビット/64ビット)搭載のボード型コンピュータ
稼働プラットフォームの例Intel Galileo
Raspberry Pi
MinnowBoard MAX
Avnet MicroZed
最小サイズ4Kバイト300Mバイト
価格非商用/商用ともに無償
発表日2015年11月4日

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。
  3. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  4. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合
  5. 東京ガスの成功事例に学ぶCX向上術――できることから始めて会員数600%増を実現

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan