OS ウインドリバー

Wind River Rocket:IoTセンサ、デバイス向けの組み込みOS

ウインドリバーの「Wind River Rocket」と「Wind River Pulsar Linux」は、IoT(モノのインターネット)のセンサー/デバイスを開発する用途に適した組み込みOSである。Rocketはマイコン(MCU)を搭載したIoTセンサー向けであり、実装サイズを4Kバイトに抑えている。Pulsar Linuxは、LinuxをベースにIoTデバイス向けに軽量化した。

 ウインドリバーの「Wind River Rocket」と「Wind River Pulsar Linux」は、IoT(Internet of Things)のセンサ/デバイスを開発する用途に適した組み込みOSである。Rocketはマイコン(MCU)を搭載したIoTセンサ向けであり、実装サイズを4Kバイトに抑えている。Pulsar Linuxは、LinuxをベースにIoTデバイス向けに軽量化した。


米Wind Riverが用意している組み込み用途向けOSのラインアップ。
RocketはIoTセンサー向け、Pulsar LinuxはIoTデバイス/ゲートウェイ開発向け

 同社はこれまで、組み込み用途向けのLinux OS「Wind River Linux」や、組み込み用途向けのリアルタイムOS「VxWorks」をラインアップしてきた。Rocket(4Kバイト)は、VxWorks(200Kバイト)よりも小型軽量。一方のPulsar Linux(300Mバイト)は、Wind River Linux(700Mバイト)よりも小型軽量となる。

 Rocketが動作するプラットフォームは、米Intelや米ARMのMCU(32ビット)を搭載したシングルボード型のコンピュータ。11月4日時点では、x86ベースのIntel Galileoで動作する。順次、米Freescale Semiconductorの「Freedom」や、製造業で人気が高い「Raspberry Pi」など、さまざまなシングルボード型のコンピュータで動作するようにする。

 Pulsar Linuxが動作するプラットフォームは、x86やARMを搭載したボード型コンピュータ。米IntelのMinnowBoard MAXや、米AvnetのMicroZedなどで動作する。Pulsar LinuxはWind River Linuxから重要な部分だけを抽出したサブセットであり、コンパイル済みのバイナリとして提供する。Linuxコンテナを利用可能で、コンテナ型のアプリケーションをデプロイすれば、これをPulsar Linux上で実行できる。

Wind River RocketとWind River Pulsar Linuxの概要
用途と機能IoTセンサ、デバイス向けの組み込みOS
OS名Wind River RocketWind River Pulsar Linux
対象デバイスMCU(32ビット)搭載のボード型コンピュータCPU(32ビット/64ビット)搭載のボード型コンピュータ
稼働プラットフォームの例Intel Galileo
Raspberry Pi
MinnowBoard MAX
Avnet MicroZed
最小サイズ4Kバイト300Mバイト
価格非商用/商用ともに無償
発表日2015年11月4日

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの会員向け記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「OS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]