RDBMS 日本オラクル

新日鐵住金、操業系システムのIT基盤を刷新--Exadataを導入

新日鉄住金ソリューションズは、新日鐵住金が製鉄所の生産を支える操業系システムのIT基盤として、オラクルの高速データベース・マシン「Oracle Exadata Database Machine」を導入、稼働開始したと発表した。

 新日鐵住金が、製鉄所の生産を支える操業系システムのIT基盤を刷新した。システムの構築、運用までプロジェクト全体を管理している新日鉄住金ソリューションズが11月4日に発表した。

 新日鐵住金は、国内製造拠点の競争力強化を主な目的として、中核事業である製鉄事業における生産管理と製品品質を支える操業系システムを刷新。オラクルのデータベース機「Oracle Exadata Database Machine(Oracle Exadata)」を採用し、既に稼働を開始した。


 新システムでは、24時間365日の安定稼働を実現するための高可用性と、生産管理と情報系システムを含む複数のデータベースを統合できる性能が求められている。

 高可用性を実現するためのアーキテクチャである「Oracle Maximum Availability Architecture」も導入。オラクルが培った実証済みの技術と顧客の成功事例に基づいたものとしている。

 また、データベースを障害やデータ破損から保護する「Oracle Data Guard」のスタンバイ機能を活用。データベースのアップグレードをほぼ無停止で実施できるようにしており、システム全体としても無停止の運用を目指している。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  3. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  4. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる
  5. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan