IaaS 日本アイ・ビー・エム

IBM SoftLayer:安全で高速網のIaaS、ベアメタルも選択可能--日本語でも支援

エンタープライズ向けのIaaSである「IBM SoftLayer」は、サーバ、ストレージ、ネットワーク、セキュリティの機能のほか、開発者向けと管理者向けのサービスも提供。ベアメタルサーバと仮想サーバを選択できる。

 「IBM SoftLayer」は、セキュアでグローバルな高速ネットワークを備えたエンタープライズ向けのIaaSである。サーバ、ストレージ、ネットワーク、セキュリティの機能のほか、開発者向けと管理者向けのサービスも提供する。物理的なベアメタルサーバと仮想サーバを選択できる。

 仮想サーバなら数分、ベアメタルサーバでも30分から数時間で利用の準備が整う。ベアメタルサーバと仮想サーバはシームレスに連携するため、サーバ間の移行が容易なほか、共通の運用管理ツールとサービス、サポートを使える。

 グローバルネットワークには独自のアーキテクチャを採用し、国内で利用した場合、香港データセンターからの待ち時間は50ミリ秒以下、世界各国のデータセンターからの待ち時間は260ミリ秒以下としている。2014年12月に日本初の「SoftLayer東京データセンター」を開設し、国内での保持が必要な機密データの保管、活用に対応できるようになった。

 開発者向けAPIを利用するために、SOAP、XML-RPC、RESTのプロトコル、C#、Perl、PHP、Python、Rubyのライブラリのほか、Visual Basicをサポートしている。管理者向けには、データの準備、テスト、リカバリ、サーバ間の移動を支援するツールや、サーバのモニタリング、レポーティングなどのサービスがある。

 企業のクラウド活用を支援するため、業界別や業務別に、システム構成、運用機能設計、セキュリティなどの情報をまとめた「業界業務プロファイル」を用意。さらに、契約ユーザー向けに日本語の無償テクニカルサポートを、ウェブ画面のチャットシステムやチケットシステム、電話の3つの方法で提供する。

Cloud Platform
SoftLayer東京データセンター(日本IBM提供)
IBM SoftLayerの概要
用途と機能セキュアでグローバルな高速ネットワークを備えたエンタープライズ向けIaaS
特徴サーバ、ストレージ、ネットワーク、セキュリティのほか、開発者用と管理者用のサービスを提供。ベアメタルサーバと仮想サーバを自由に選択できる
税別価格ベアメタルサーバが月額158ドルから、仮想サーバが月額25ドルから、など
導入企業中国銀行、筑波銀行、データ・テック、グレース、パイオニアVC、ユニホー、スタンシステム、IDAJ、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「IaaS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]