IaaS PaaS プライベートクラウド VMware

ハイブリッドクラウドインフラ導入でオンラインゲーム配信システム強化--ダーツライブ

ダーツライブは11月4日、ヴイエムウェアの統合ハイブリッドクラウドインフラを活用し、オンラインダーツゲーム「DARTSLIVE」の配信体制を強化したと発表した。

 ダーツライブは11月4日、ヴイエムウェアの統合ハイブリッドクラウドインフラを活用し、オンラインダーツゲーム「DARTSLIVE」の配信体制を強化したと発表した。

 ダーツライブは国内最大手のダーツマシンメーカーで、迅速なサービスの開発と事業展開に即応するインフラの構築を目的に「VMware vCloud Air」を導入した。既存のリソースを活用したままハイブリッドクラウドインフラを構築し、ハードウェア障害対応や運用コストの軽減が実現できたとしている。

 24時間365日、世界規模で事業を展開できるようになったことも、メリットとしている。2016年3月ころまでに統合ハイブリッドクラウドインフラの検証を完了し、移行を開始する。

 ダーツライブは、国内外のダーツバーやアミューズメント施設で1万台以上のダーツマシンを稼働させ、世界対応の通信対戦機能を実装させているほか、専用ICカードと携帯電話やスマートフォン、PCで閲覧できるウェブサイトなどを連動させたネットワークサービスの運用管理を実施している。これらのビジネスを支えるIT基盤として、2010年に「vSphere」を導入し、オンプレミスのプライベートクラウドを構築、運用していた。

 同社では、この基盤をベースに、DARTSLIVEと連動してウェブ上で大会の戦績やランキング、あるいは各種申請を閲覧、管理できる「DARTSLIVE OFFICIALLEAGUE」システム、プロのダーツ選手の試合動画「DARTSLIVE.TV」をオンライン配信するなど、クラウド活用によるファン向けサービスを積極的に展開している。

 また、2011年には、海外でのサービス拠点となる「DARTSLIVE INTERNATIONAL Ltd.」を設立し、香港や韓国、オーストラリア、米国他、世界19カ国でDARTSLIVEサービスを提供開始している。

 今後スマートフォン連動サービスなどサービス拡充を予定しているのを機に、統合ハイブリッドクラウドインフラの構築に踏み切った。vCloud Airについて、既存のヴイエムウェアのリソースを活用できることや、既存の仮想マシンを利用できることなどを評価した。

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan