運用管理 NEC

WebSAM:ハイブリッドクラウドに対応する統合運用管理システム

統合運用管理システムの「WebSAM」は、パブリッククラウドとプライベートクラウド、オンプレミスを一元的に管理できる。膨大な数のソフトウェア群で構成されている。

 NECの「WebSAM」は、ハイブリッドクラウドに対応した統合運用管理システム。パブリッククラウドとプライベートクラウド、オンプレミスを一元的に管理できることが大きな特徴である。膨大な数のソフトウェア群で構成しており、「WebSAM」を冠した製品は50本以上ある。

 提供する機能は、(1)コーポレートマネジメント、(2)オペレーションマネジメント、(3)システムマネジメント――の3つのカテゴリに大きく分類される。

 コーポレートマネジメントでは総合管理、サービス管理、資産管理、ID管理などの機能、オペレーションマネジメントではジョブ管理、ソフトウェア配布、プラットフォーム管理、バックアップなどの機能、システムマネジメントではサーバ管理、ネットワーク管理、ストレージ管理、アプリケーション管理などの機能を、それぞれ提供する。

 これらに加えて、クラウド管理基盤として、クラウドサービス管理、データセンター運用の自動化といった機能も備える。

 WebSAMでは、これらの機能を「WebSAMフレームワーク」と呼ぶ運用管理基盤の上で統合。WebSAMフレームワークは、ライセンス管理やメッセージ管理、インストール管理など、運用管理上の基盤機能を提供するものだ。これらの基盤機能を、サーバ管理やストレージ管理、ネットワーク管理などの機能を提供する製品や、資産管理、業務運用管理などビジネス管理を行う製品が使用することによって、製品導入の共通化と製品間連携の強化を図っている。

 同社は、「WebSAM WORKS」というパートナー制度を運用。この制度によって、パートナー企業が提供するハードウェア製品やソフトウェア製品とWebSAMとの連携を促進している。

WebSAM
WebSAMフレームワークの仕組み(NEC提供)
WebSAMの概要
用途と機能ハイブリッドクラウドに対応した統合運用管理システム
特徴パブリッククラウドとプライベートクラウド、オンプレミスを一元的に管理する
税別価格WebSAM SystemManager Manager for Win/Linux(標準機能マネージャ):40万円
導入企業キヤノンマーケティングジャパン、全日本空輸、NTTドコモ、明治乳業、など

「運用管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]