BI ミドルウェア その他データベース NoSQL ミドルウェア

HadoopやSparkを活用したビッグデータ分析--英国の保険会社の成功事例

ビッグデータは、もはやシリコンバレーの魅惑的なスタートアップ企業だけのものでない。英国の保険会社Markerstudyは、HadoopやSparkといったツールを利用し、分析の高速化と、新たな視点の発見に取り組んでいる。

 ビッグデータは、シリコンバレーの選ばれし企業だけのものではない。

 確かに、HadoopやMesosなど奇妙な名前のビッグデータプロジェクトを生み出すことと利用することの両方でシリコンバレー陣が今も先行しているものの、一般的な企業も追いつき始めている。

 一般企業の例として、Markerstudyを取り上げよう。

 Markerstudyは、4000名以上の従業員を抱える英国の保険会社。誰でも知っている会社というわけでは決してないが、その名を知らない人も多いからこそ、HadoopとSparkの導入が関心を持たれている。同社は広告をクリックしてもらうための最適化でなく、不正行為の検出機能を改善し、顧客のキャンセル率を50%下げることで、年間750万ドルを節約できている。

 このように、現実世界の業務にかかわる問題に取り組むことが、大多数の顧客の問題解決につながるのだ。

残り本文:約2826文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. 情報の連携不足に盲点あり。自動化がセキュリティの「危機回避」の決め手に!
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan