PaaS 日本アイ・ビー・エム

IBM Bluemix:多言語ランタイムと各種サービスを提供するPaaS

Cloud FoundryベースのPaaS「IBM Bluemix」は、多種多様なフレームワークやランタイムを利用できる。データ管理やモバイル、ビッグデータなど各種領域のサービスが提供されている。

 「IBM Bluemix」は、アプリケーションを作成、デプロイ、実行、管理するためのPaaS。Bluemixが提供するランタイムを選んでアプリケーションを開発し、必要に応じサービスを選んで機能を拡張する。

  インフラには、IaaS「IBM SoftLayer」を使用。PaaSのレイヤは、オープンソースソフトウェア(OSS)の「Cloud Foundry」をベースにしており、Node.js、PHP、Python、Rubyなどのフレームワークやランタイム、各種サービス、DevOpsツールなどを利用できる。独自のランタイムをインストールすることも可能。

 OSレベルでハードウェアを抽象化する「Docker」コンテナを利用したり、クラウド基盤ソフトウェアである「OpenStack」の仮想マシンを作成したりすることができる。

 Bluemixで提供されるサービスは、2015年9月時点で約140種類。データ管理、モバイル、ビッグデータ、ウェブ&アプリケーション、セキュリティ、ビジネスアナリティクスのほか、人工知能やIoT(Internet of Things:モノのインターネット)のサービスを用意する。

 Bluemixのダッシュボードには、アプリケーションやサービスを作成、表示、管理したり、アプリケーションのリソース使用量をモニターしたりする機能が備わっている。組織やアクセス権などを管理することもできる。

 IBMは2014年12月、Bluemixをシングルテナント環境で提供する「Bluemix Dedicated」をリリース。高いセキュリティを実現することで、各種規制やコンプライアンスに対応しやすくした。さらに2015年2月には「Bluemix Local」を発表。パブリッククラウドやプライベートクラウド、オンプレミスのデータセンターをまたがって動作するアプリを開発できるようになった。

 IBMは、Bluemixを基盤にしたAPIエコノミー(API経済圏)の形成、拡大を見据えている。API経済圏とは、各企業や組織が持つノウハウやサービスをAPIとして公開し、流通させるという考え方だ。同社はその一環として10月に、日本情報通信(NI+C)とともに「地方銀行向けBluemixコンソーシアム」を設立。会員向けに「アプリ開発、実行環境提供サービス」と「SoEアプリコンソーシアム運営サービス」を提供する。

IBM Bluemix
IBM Bluemixの画面(IBM提供)
IBM Bluemixの概要
用途と機能アプリケーションを作成、デプロイ、実行、管理するためのPaaS
特徴インフラは「IBM SoftLayer」。PaaSのレイヤは「Cloud Foundry」がベース。Node.js、PHP、Python、Rubyなどのフレームワークやランタイム、各種サービス、DevOpsツールなどを利用できる
税別価格従量課金モデルとサブスクリプションモデルを用意する。要問い合わせ
発表日2014年2月(ベータ開始)
現行版の提供開始日2014年6月(正式公開)
導入企業HEATEC、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの会員向け記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「PaaS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]