コンバージド・ハイパーコンバージド コンバージド・ハイパーコンバージド

コンバージドインフラは転換点に達したのか--調査結果が示す現状と課題

451 Researchが先日、企業市場におけるコンバージドインフラの状況調査ポートを発表した。調査結果の主なポイントを紹介しよう。

 企業ではITインフラの管理に必要なプラットフォームとベンダーの数を抑えるため、手間を軽減する手段として集約(コンバージェンス)を選ぶIT担当者が出てきた。

 コンバージェンスは何年も前から注目トレンドとされ続けているが、企業環境で将来モノになるかどうか判断しにくい状態も続いている。しかし、先日451 Researchが発表した調査レポートによると、コンバージェンスの本領が発揮されそうな状況らしい。

残り本文:約1743文字 ログインして続きを読んでください。

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan