プライベートクラウド NTTデータ

キリン、OpenStackで自社クラウドを構築--運用自動化とコスト削減狙う

大手飲料メーカーのキリンは「OpenStack」を使ってプライベートクラウド基盤を構築した。NTTデータが「OpenStack Summit Tokyo 2015」の講演で詳細を語った。

 近年、オープンソースのクラウド基盤ソフトウェア「OpenStack」でプライベートクラウドを構築する企業が増えている。日本で初めての開催となった国際カンファレンス「OpenStack Summit Tokyo 2015」では、NTTデータの講演の中で、OpenStackを使ってプライベートクラウドを構築したキリンホールディングスの事例が紹介された。


NTTデータの古賀篤氏

 キリンではこれまで、スクラッチで開発した400個のシステムを2000台のサーバで稼働してきた。それぞれのシステムは複数のデータセンターで運用され、環境もWindowsやLinux、UNIXなどが混在した状態だった。その半数となる約1000台のサーバは、2015年から2016年に続々とサポート切れとなるタイミングにあった。

 そのサポート切れとなるサーバの移行が喫緊の課題だったことに加え、ITインフラのコスト削減も強く求められていた。その解決策として、NTTデータはキリンに対して、OpenStackを利用したプライベートクラウドの構築を提案した。世界での豊富な導入実績と小さく始めて大きく拡張していける柔軟性、またベンダーに依存しないといった点も選定のポイントとなった。

 NTTデータでは、従来は手作業で行っていた要件定義から設計、構築、テストまでの工程をOpenStackで自動化することで、サーバあたり75%のコスト削減効果が見込めると見積もった。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1357文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 多機能、シンプル管理、サポート面--管理者の「欲しい」を全部入りにしたストレージとは
  2. 12社のオールフラッシュアレイを徹底比較! 世界のバイヤーが参考にする「AFA製品評価ガイド」公開
  3. 【消費税改正実態調査】全業種に影響する企業の消費税改正対応が、わずか2割しか対応が進んでいない現状
  4. IoT、AI、自動化で事業を組み上げよ--製造業のITのための最新テクノロジー完全ガイド
  5. 既存のセキュリティ対策は“穴だらけ”─企業の命運は次世代型の防御アプローチにかかっている

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]