経費精算・旅費精算 コンカー

Concur Travel & Expense:出張旅費と経費精算を統合的に管理、支援するSaaS

「Concur Travel & Expense」は、出張旅費や経費精算に関わる業務を統合的に管理、支援するSaaS。出張や経費の発生から精算までのワークフローを管理する機能と費用を分析する機能を備える。

 コンカーの「Concur Travel & Expense」は、出張旅費や経費精算に関わる業務を統合的に支援するSaaSである。出張や経費の発生から精算までのワークフロー管理機能と、これらの費用を分析する機能を備える。この分野では世界的に著名なサービスで、約150カ所の国と地域で累計3万社以上、2700万人が利用しているという。日本でも既に400社の導入実績がある。2014年にSAPが開発元のConcur Technologiesを買収。現在はSAP傘下の企業である。

 エンドユーザーである従業員はウェブブラウザのほか、iOSやAndroid向けのアプリからも利用できる。出張が発生した際には、提携する旅行代理店からの情報をもとに社内規定に応じた路線と座席などの等級、ホテルなどを選択できる機能を提供。経路選択や運賃計算は、ジョルダンが提供する「乗換案内」と連携しており、最新の情報を取得することが可能だ。

 出張中あるいは出張後には、スマートフォンのカメラやイメージスキャナなどで作成した、領収書やクレジットカードの利用明細を画像データから経費科目を自動認識し、システムに取り込む。PCにICカードリーダを接続すれば、SuicaやPASMOなどの交通系ICカードの情報を読み込むことも可能。従業員が手動で入力する作業を大きく削減していることが特徴だ。これらの情報をもとに経費精算のための情報を作成し、承認プロセスのワークフローに載せる。

 間接費を管理する経理や総務部門向けには、経費精算規定順守状況レポート、経費精算金額順レポート、特定経費項目使用状況レポート、特定部門と従業員状況レポートなど、約150本のレポート機能を提供する。

Workday for iPad
英語版での出張予約の画面例(Concur Technologies提供)
Concur Travel & Expenseの概要
用途と機能出張旅費と経費精算を総合的に管理、支援するSaaS
特徴経費精算のワークフロー管理機能と、管理部門向けの分析機能を提供する
導入企業三井物産、ファーストリテイリング、ディー・エヌ・エイ、横浜ゴム、わかもと製薬、など

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan