CRM SCSK

森ビル、住宅事業関連システムをCRMで刷新--賃貸と分譲を一元管理

 総合デベロッパーの森ビルは、住宅事業を支える住宅営業・運営管理システムを刷新、2015年9月から稼働させている。新システムでは、これまで課題となっていた賃貸と分譲の営業・運営管理業務を一元化するなど、大きな改善が図られている。構築を手掛けたSCSKが2015年10月28日に発表した。

 森ビルは、「都市を創り、都市を育む」というビジョンのもと、東京都心部を中心に住宅やオフィス、商業施設などを開発、運営している。近年では、拡大を続ける住宅事業やサービスの多様化への対応、住宅事業のみならず、全社的な顧客関係強化のため、新たなシステムの構築が急務となっていた。既存の住宅営業・運用管理システムにおいては、以下のような課題を抱えていたという。

残り本文:約533文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan