会計ソフト Workday

Workday:人材管理と財務管理のSaaS、ESBに連携アプリケーションも構築可能

「Workday」は、人材管理と財務管理の機能をSaaSで提供する。基盤であるESBの上で稼働するアプリケーションの開発、実行環境となるPaaSも提供している。

 ワークデイの「Workday」は、人材管理と財務管理のアプリケーションを中核としたSaaSである。ウェブブラウザから利用できるほか、iOSやAndroid向けのアプリも提供している。

 中核となるアプリケーションは、(1)人事、福利厚生、タレントマネジメント、リクルーティング、給与計算、時間管理などの機能を備える「ヒューマンキャピタルマネジメント(人材管理:HCM)」、(2)財務、会計、調達などの機能を備える「ファイナンシャルマネジメント(財務管理)」の2つ。

 このほか、顧客への請求が発生するプロジェクトのライフサイクルを管理する「プロフェッショナルサービスオートメーション」、Workdayのデータと他のデータソースを組み合わせて分析する「インサイトアプリケーション」、学生と教職員のライフサイクルを管理する「Workdayスチューデント」などを備える。

 同社は、SaaSのほかに「Workdayインテグレーションクラウドプラットフォーム」というPaaSも用意している。これは、Workdayの基盤である「エンタープライズサービスバス(ESB)」の上で稼働するアプリケーションの開発、実行環境を提供するサービス。Workdayと連携したアプリケーションを構築できることが大きな特徴だ。サードパーティーのアプリケーションやサービスへの接続を可能にする「インテグレーションクラウドコネクト」というサービスも提供する。

Workday for iPad
「Workday for iPad」の画面(ワークデイ提供)
Workdayの概要
用途と機能人材管理と財務管理の中核機能をSaaSで提供
特徴Workdayと連携可能なアプリケーションの開発、実行環境のPaaSも提供
導入企業Hewlett-Packard、TripAdvisor、Flextronics、Chiquita、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]