ストレージ 日本ヒューレット・パッカード

Nimble:独自ファイルシステムのフラッシュストレージ--SSDをキャッシュに

フラッシュストレージ「Nimble Storage」は、オールフラッシュのほかハイブリッド型も用意。稼働状況や利用状況の監視サービスを活用することで性能遅延などを把握できるようになっている。

Nimble Storageのポイント

  • SSDとメモリをキャッシュにする独自開発のファイルシステム
  • オールフラッシュに加えてHDDとのハイブリッドも用意
  • 稼働状況や利用状況をモニタリングして解析、報告

Nimble Storageの製品解説

 日本ヒューレット・パッカード(HPE)の「Nimble Storage」は、ソリッドステートドライブ(SSD)とメモリをキャッシュとして使う、独自開発のファイルシステム「CASL(Cache Accelerated Sequential Layout)」をベースにしたフラッシュストレージ。稼働状況や利用状況をモニタリングして解析、報告するクラウドサービス「HPE InfoSight」を利用できる。

編集部おすすめの関連記事

 CASLは、メインメモリをライトキャッシュとして利用する。キャッシュしたブロックデータをインラインで圧縮し、ハードディスクドライブ(HDD)にシーケンシャル(連続的な)書き込みを行う。この仕組みにより、同じ容量でも30~75%多いデータを格納できる。またランダム入出力を、HDDが処理しやすいシーケンシャル入出力に置き換えることで、従来のHDDストレージより高速に書き込みができる。

 データを読み出す際には、SSDをリードキャッシュとして利用する。頻繁にアクセスするホットデータのコピーとメタデータをフラッシュメモリ上にリアルタイムにキャッシングするため、階層型をはじめとした従来型の手法より高速にデータを読み出せる。

 SSDだけの「オールフラッシュアレイ」(AF)、SSDとHDDのハイブリッドでプライマリとして利用することを想定した「アダプティブフラッシュアレイ」(CS)、SSDとHDDのハイブリッドでセカンダリとして活用する「セカンダリフラッシュアレイ」(SF)という3つのシリーズがある。SFシリーズは、災害復旧(DR)などの目的でバックアップされたデータを開発やテスト、分析などの用途で活用できる。

 有効容量はAFが20T~2045Tバイト、CSが13T~2371Tバイト、SFが288T~3600Tバイト。ホストインターフェースは標準で1/10Gb iSCSI、オプションで8/16Gb FibreChannelも利用できる。

 InfoSightが24時間365日インフラストラクチャを監視するため、スタッフによる監視が不要となり、1秒ごとに数百万台ものセンサを分析し、問題を未然に防ぐ。システム障害につながるイベントを検出したり、ストレージをいつ、どのモデルに拡張すべきか把握できたり、ストレージへのアクセスが遅くなるなどの原因を解析できたりする。

Nimble Storageのまとめ
用途と機能SSDとメモリをキャッシュとして使う独自ファイルシステムをベースにしたフラッシュストレージ
特徴オールフラッシュに加えてHDDとのハイブリッドも用意。DRなどの目的でバックアップされたデータを開発やテスト、分析などの用途で活用できるハイブリッド型も用意

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「ストレージ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]