SAN Nimble Storage Japan

Nimble Storage:SSDとメモリをキャッシュに活用するハイブリッド型ストレージ

ハイブリッド型ストレージの「Nimble Storage」は、メモリをキャッシュとして使う独自技術により、高いコスト性とパフォーマンスを両立する。

 Nimble Storage Japanの「Nimble Storage」は、ハードディスクドライブ(HDD)とソリッドステートドライブ(SSD)を組み合わせたハイブリッド型ストレージ。SSDとメモリをキャッシュとして使う独自に開発したファイルシステム「CASL(Cache Accelerated Sequential Layout)」により、高いコスト性とパフォーマンスを両立する。

 CASLは、メインメモリをライトキャッシュとして利用する。キャッシュしたブロックデータをインラインで圧縮し、HDDにシーケンシャル(連続的な)書き込みを行う。この仕組みにより、同じ容量でも30~75%多いデータを格納できる。またランダム入出力を、HDDが処理しやすいシーケンシャル入出力に置き換えることで、従来のHDDストレージより高速に書き込みができる。

 データを読み出す際には、SSDをリードキャッシュとして利用する。頻繁にアクセスするホットデータのコピーとメタデータをフラッシュメモリ上にリアルタイムにキャッシングするため、階層型をはじめとした従来型の手法より高速にデータを読み出せる。

 スナップショットやレプリケーションによるデータ保護機能も実装されている。スナップショット、レプリケーションなどに必要なソフトウェアを、追加ライセンス費用なしで利用できる。さらに、ストレージの稼働状況や利用状況をモニタリングして解析、報告するクラウド型サービス「Nimble Storage InfoSight」を提供する。

 3Uサイズのラック搭載型筺体で、無圧縮時の実効容量が4T~50TバイトのiSCSIモデルと、同16T~50Tバイトのファイバチャネル(FC)モデルを用意する。別途提供するディスク容量拡張筺体と接続した場合の最大容量は446Tバイト。

Cloud Platform
Nimble Storageの筺体とNimble Storage InfoSightの画面(アセンテック提供)
Nimble Storageの概要
用途と機能HDDとSSDを組み合わせたハイブリッド型ストレージ
特徴メインメモリ上にキャッシュしたブロックデータをインラインで圧縮してシーケンシャルにディスクへ書き込み、SSDをリードキャッシュとして利用する独自技術「CASL」により、高いコスト性のパフォーマンスを両立する
格納データ容量最大446Tバイト
税別価格容量8Tバイトの最小構成モデル「Nimble Storage CS210」が390万円、など
導入企業新日本検定協会、など

関連記事

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan