PaaS IaaS グーグル

Google Cloud Platform:アプリの開発、運用に必要な機能を備えたクラウド基盤

「Google Cloud Platform」は、コンピューティング、ストレージ、ネットワークのほか、ビッグデータ処理、RESTful API、管理機能など、アプリの開発と運用に必要な一連のサービスを提供する。

 グーグルの「Google Cloud Platform」は、ウェブアプリケーションやモバイルアプリの開発、運用を支援するクラウドサービス。コンピューティング、ストレージ、ネットワークのほか、ビッグデータ処理、RESTful API、管理機能など、アプリの開発と運用に必要な一連のサービスを提供する。

 コンピューティング関連のサービスには、仮想マシンを使った大規模ワークロードの実行に適したIaaSの「Compute Engine」、アプリケーション構築用PaaSの「App Engine」、オープンソースのコンテナ技術基盤「Docker」の機能を提供する「Container Engine」がある。

 Compute Engineは、各種LinuxディストリビューションとWindows Serverをサポートする。同社が保有するファイバネットワークを介して、別のデータセンターにあるサーバや各種サービスと高帯域の接続ができる。

 App Engineは、Java、Python、PHP、Goなどのプログラミング言語でアプリケーションを作成できる。NoSQLデータストア、分散型インメモリデータキャッシュ「Memcache」、ユーザー認証APIなどをビルトインサービスとして提供する。自動スケーリング機能により、トラフィックの増減に応じてアプリのリソースを拡縮させられる。

 ストレージ関連のサービスでは、オブジェクトストレージの「Cloud Storage」、リレーショナルデータベースの「Cloud SQL」、NoSQLデータベースの「Datastore」と「Bigtable」などを提供する。Cloud Storageはデータをすべて暗号化して格納し、可用性のレベルやパフォーマンスに応じて3種類のサービスを選択できる。Cloud SQLは「MySQL」をベースにしており、格納したデータの暗号化や、地理的に異なる複数の場所への複製、障害発生時のフェールオーバーといった機能を自動化している。

 管理関連のサービスには、アプリケーションのパフォーマンスやステータスを確認する「Cloud Monitoring」、実装と管理を支援する「Cloud Deployment Manager」、イベントログを収集、管理する「Google Cloud Logging」がある。そのほかにも、Google Cloud Platformの稼働状況をリアルタイムで確認したり、Cloud Monitoringのイベントログにレポートや警告を転送したりするステータス監視用ダッシュボード「Google Cloud Platform Status Dashboard」も提供する。

Cloud Platform
Google Cloud Platform Status Dashboardの画面(グーグル提供)
Google Cloud Platformの概要
用途と機能ウェブアプリケーションやモバイルアプリの開発、運用を支援するクラウドサービス
特徴グーグル自身が使うテクノロジやツールを外部に提供するもので、コンピューティング、ストレージ、ネットワークのほか、ビッグデータ処理、RESTful API、管理機能など、アプリの開発、運用に必要な一連のサービスを提供する
発表日2013年5月15日
導入企業かっこ、アドイノベーション、エイチーム、グルーヴノーツ、グッド・フィール、ゲーム攻略完全図鑑、アイリッジ、アプリボット、など

「PaaS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]