NoSQL

Apache Cassandra:高速処理を優先、マスターを持たない分散型データベース

NoSQLに含まれる、分散データベース管理システムの「Apache Cassandra」はキーバリューストア型。大規模データを高速に処理できることを狙っている。

 「Apache Cassandra」は、従来のリレーショナルデータベース(RDB)とは異なる「NoSQL」と呼ばれるタイプのオープンソースの分散データベース管理システムである。データストア「Google Bigtable」のデータモデルとAmazonの「Dynamo」の分散システムデザインなどを融合させてできたソフトウェアで、Javaで実装されている。

 NoSQLは、データの一貫性を保持するよりも高速処理を優先している。また、キーバリューストア(KVS)と呼ばれる処理速度を重視したシンプルなデータ構造を採用している。こうした点でも従来の(RDB)とは大きく異なっている。

 Cassandraは、マスターノードを持たないアーキテクチャを採用している。単一障害点が存在せず、万が一、部分的に障害が発生してもシステム全体が停止することはない。複数の地域にサーバを分散配置しておけば、一方のデータセンターで障害が発生したり、災害に見舞われたりした場合でも処理を継続できる。

 NoSQLのデータベースでありながら、SQLとよく似たクエリ言語「CQL(Cassandra Query Language)」で問い合わせができるという特徴もある。

Cassandra
Cassandraの公式サイト
Apache Cassandra の概要
用途と機能オープンソースの分散データベース管理システム
特徴データの一貫性よりも高速処理を優先。キーバリューストアのデータ構造を採用している。マスターノードを持たないアーキテクチャで、一部に障害が発生しても処理を継続できる
税別価格無償(オープンソース)
導入企業Adobe Systems、eBay
現行版の提供開始日2015年6月

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan