RDBMS 日本オラクル

Oracle Database:マルチテナントやインメモリに対応する商用RDBMS

リレーショナルデータベース管理システムの「Oracle Database」は、マルチテナント型アーキテクチャやインメモリ機能を備え、管理効率や処理性能を高めている。

 日本オラクルの「Oracle Database」は、登場から30年以上がたった今でも多くのシステムで使われている商用のリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)である。メインフレームやサーバ、PCといったハードウェア、WindowsやLinuxなどのOSに幅広く対応している。

 最新版は2013年にリリースされた「Oracle Database 12c」。マルチテナント型のアーキテクチャを採用したことが特徴だ。コンテナ技術を用いて複数の分離されたデータベースに集約することで、処理効率や管理効率を高められる。

 もう1つの特徴的な機能が、オプションで提供するインメモリ機能である。既存環境と互換性を持ち、アプリケーションを改修することなく、トランザクション処理性能を高速化するとともに、分析系システムでの処理も高速化させられる。

 同社は近年、ハードウェアとソフトウェアを組み合わせたデータベース専用の垂直統合型システム「Oracle Exadata Database Machine」も提供している。

マルチテナント型アーキテクチャ
マルチテナント型アーキテクチャの概要
Oracle Databaseの概要
用途と機能幅広い環境に対応したリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)
特徴最新版では、マルチテナント型アーキテクチャやインメモリ機能などを追加し、管理性や処理性能が大幅に向上している
税別価格Oracle Database Enterprise Edition:プロセッサあたりの価格が570万円、ユーザーあたりは11万4000円
導入企業リコー、良品計画、ソニー、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. 情報の連携不足に盲点あり。自動化がセキュリティの「危機回避」の決め手に!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan