MDM VMware

VMware AirWatch:業務利用のモバイル端末を一元管理--グループごとでも制御

EMM製品「VMware AirWatch」は企業所有か個人所有かを問わず、業務で利用する端末やアプリケーション、コンテンツなどを一元管理できる。部署やチームなどの階層ごとにポリシーを設定できる。

VMware AirWatchのポイント

  • 個人所有や社給、共有などさまざまなモバイル端末の利用形態に対応
  • 部署やチーム、企業組織などの階層ごとにポリシーを設定可能
  • ネットワーク機器やディレクトリサービス、認証などの製品と連携

VMware AirWatchの製品解説

 「VMware AirWatch」は、モバイル端末で利用するアプリケーションやコンテンツ、メール、ブラウザなどの管理を統合するエンタープライズモビリティ管理(Enterprise Mobility Management:EMM)製品。「VMware Workspace ONE」で機能が活用されている。

編集部おすすめの関連記事:モバイル活用の実際を聞く

  1. セルフサービス化とガイドライン化が重要に
  2. 働き方も含めた情報戦略が求められている
  3. 業務プロセス改善への契機を秘める
  4. 紛失しても申告しないという“恐怖”

 モバイル端末内に業務専用の空間を構成し、個人利用のアプリケーションやメールなどから切り離すことで、私物端末の業務利用(BYOD)でもセキュリティを保った状態で業務をこなせる。

 あらゆるエンドポイントの管理を統合する。会社支給端末の管理、キオスク端末や共有端末などのビジネス部門利用を含む、あらゆるモバイル端末のユースケースに対応する。

 モバイル端末管理(MDM)、モバイルアプリケーション管理(MAM)、モバイルコンテンツ管理(MCM)、モバイル電子メール管理(MEM)の主要機能で構成される。部署やチーム、企業組織などの階層ごとにポリシーを設定できる。各テナントごとに権限や利用制限を設定、下位層は上位層のポリシーを引き継ぐこともできる。

 モバイル端末がアクセスするネットワーク機器やディレクトリサービス、認証などの製品と連携する。企業のセキュリティポリシーや既存環境にあわせて、端末管理に必要なサードパーティー製品を利用できる。

AirWatchのまとめ
用途と機能モバイル端末で利用するアプリケーションやコンテンツ、メール、ブラウザなどを統合管理
特徴MDMやMAM、MCM、MEMで構成。部署やチーム、企業組織などの階層ごとにポリシーを設定可能。企業のセキュリティポリシーや既存環境にあわせて、端末管理に必要なサードパーティー製品を利用できる

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. 導入事例:スペックは確かに凄い…各社の最新ストレージ。実際に使い比べた最終決定は…?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan