アプリケーション仮想化 シトリックス・システムズ・ジャパン

XenApp:WindowsアプリをMacやLinuxなどで操作可能な仮想アプリ配信基盤

仮想アプリケーション配信基盤ソフトウェア「Citrix XenApp」は、周辺機器も含めてアプリケーションがインストールされているかのように機能する。Mac、Linux、iOS、AndroidでWindowsアプリケーションを操作できる。

Citrix XenAppのポイント

  • アプリケーションをOSや他のアプリケーションから分離
  • アプリケーションはサーバ上で実行
  • MacやLinux、iOS、Androidの各端末でWindowsアプリケーションを実行

Citrix XenAppの製品解説

 シトリックス・システムズ・ジャパンの「Citrix XenApp」は、アプリケーション仮想化とセッション仮想化技術で構成された、仮想アプリケーション配信基盤ソフトウェア。ユーザーとアプリケーションの間でシームレスにやり取りされ、プリンタなどの周辺機器も含めてアプリケーションがインストールされているかのように機能する。

編集部おすすめの関連記事

 アプリケーション仮想化技術は、アプリケーションをOSや他のアプリケーションから分離させる。統合されたアプリケーションストリーミングと分離技術で仮想化する。一元的な場所からアプリケーションが実行される目標デバイスの分離環境にストリーミングする。

 アプリケーションは従来の意味でインストールされない。アプリケーションのファイルや構成、設定は目標デバイスにコピーされ、アプリケーション実行は、アプリケーション仮想化レイヤで管理される。アプリケーションが実行されると、OSと直接的に接続されると認識されるが、実際は、すべての要求をOSのプロクシに送信する仮想化環境に接続される。

 セッション仮想化では、アプリケーションのストリーミングを使用して、データセンター内のホスティングサーバにアプリケーションを配信する。アプリケーションが配信されるサーバーにユーザーを接続する。アプリケーションは完全にサーバ上で実行される。ユーザーは、マウスクリックやキー操作でサーバに対してリモートからやり取りします。サーバは、ユーザーのデバイスに画面更新を送信して応答する。

 仮想化できるアプリケーションはWindowsに限られるが、あらゆるOSを利用する全てのユーザーがIT部門によって配信された任意のアプリケーションにアクセスできる。Windows、Mac、Linux、iOS、Androidのデバイスで、セッション仮想化を使用してアプリケーションを実行できる。

XenAppのまとめ
用途と機能仮想アプリケーション配信基盤ソフト
特徴アプリケーション仮想化とセッション仮想化技術で構成。アプリケーションがインストールされているかのように機能。Windows、Mac、Linux、iOS、Androidのデバイスでセッション仮想化を使用して実行
導入企業ロイヤル・カリビアン・クルーズなど

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  5. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]