ミドルウェア ミドルウェア 富士通

Interstage AR Processing Server:AR技術で現場業務を変革するミドルウェア

拡張現実技術を活用するためのミドルウェア「Interstage AR Processing Server」は、カメラを利用して現場業務に必要な情報をスマートデバイスに表示できる。作業効率を高めたり、人的ミスを防止したりできる。

 富士通の「Interstage AR Processing Server」は拡張現実(AR)技術を利用して、現場業務を効率化するミドルウェアだ。ARはコンピュータを用いて、現実の風景に情報を付加する技術だ。

 現場の作業員がスマートデバイスのカメラをARマーカーなどの認識対象にかざすだけで作業に必要な手順が画面に表示される仕組みだ。現場情報などの数字を新たに入力することもできる。作業の教育にかかる手間を軽減したり、作業中のミスを減らす効果がある。

 利用者の作業内容に応じて、画面上に表示する情報を変えることもできる。暗所でも認識できるARマーカー技術や、3次元空間に文字や画像を貼り付けられる現場オーサリング技術なども搭載している。

 富士通は自社の沼津工場でInterstage AR Processing Serverを活用しており、タブレットで冷却装置やボイラーなど15種800台の点検作業を実施している。作業時間の短縮などの効果が出ているという。

Interstage AR Processing Server
Interstage AR Processing Serverをタブレットで使用している様子
富士通 Interstage AR Processing Serverの概要
用途と機能AR技術で現場業務を効率化するためのミドルウェア
特徴認識対象にカメラをかざすだけで作業に必要な手順がスマートデバイスに表示されるため、教育にかかる手間を軽減したり、作業中のミスを減らせる
税別価格110万円から

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. バグ発見にかける時間、ムダですよね? IT現場の働き方改革を推進する5つのヒント
  2. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する
  3. IoTセキュリティの最前線-急増する脅威化したIoTデバイス(Thing Bot)
  4. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  5. 72時間以内に被害報告できますか? セキュリティツールでGDPRコンプライアンスを強化する方法

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]