BI

Pentaho:HadoopやCassandra、MongoDBにも対応するオープンソースのBI基盤

オープンソースのビジネスインテリジェンス基盤である「Pentaho」は、データの抽出から加工、ブレンド、ビジュアル化までを実行できる。HadoopやCassandraなどのデータソースにも対応する。

 「Pentaho」は、データの抽出から加工、ブレンド、ビジュアル化までを実行するオープンソースのビジネスインテリジェンス(BI)基盤である。Hadoop、Cassandra、HBase、MongoDBなどの主要なビッグデータ向けデータソースに対応する。シンプルな操作性で迅速にデータを分析できる。

 無償のコミュニティー版と、企業向け機能を備えた有償のエンタープライズ版がある。エンタープライズ版は、利用可能なコア数や使える機能によって、「ベーシック」「プロフェッショナル」「エンタープライズ」の3つに分かれている。

 最上位のエンタープライズは、データ統合、アナリシス、レポーティング、ダッシュボード、データマイニングなどの機能を備える。Hadoopシステムとのデータ統合やレポーティングをサポートし、エンタープライズ分野におけるビッグデータ活用のニーズに対応する。

 Pentahoのデータ統合機能は、ETLが中心となり、オープンソースや商用のデータベース、フラットファイル、Excelドキュメントなど、30種類以上のデータソースに対応する。コードを記述することなく、ドラッグ&ドロップとグラフィカル環境のみでデータ変換やジョブ作成ができる。

 アナリシス機能では、ドリルやクロス集計による双方向の情報検索や、分析する特定の基準と属性を選択した多次元分析などが可能。レポーティング機能は、リレーショナルデータベースやXMLベースのデータソースを含む幅広いデータソースに対応し、PDFやHTML、Excel、リッチテキスト形式で出力できる。

 ダッシュボード機能は、Adobe Flashを使って画面を構築する。情報の自動更新とアラート機能も備える。エンドユーザーは、テンプレートをもとにした独自のダッシュボードをドラッグ&ドロップ操作でデザインできる。

 データマイニング機能については、クラスタリング、セグメンテーション、決定木、ランダムフォレスト、ニューラルネットワーク、主成分分析などの機械学習アルゴリズムをサポート。データに隠れたパターンと関係性を導き出せる。結果はグラフィカルに表示するほか、レポートや分析、さらなるプロセスのデータソースとして利用できる。

Pentaho
Pentahoの画面(KSKアナリティクス提供)
Pentahoの概要
用途と機能データの抽出から加工、ブレンド、ビジュアル化までを実行できるオープンソースのBI基盤
特徴Hadoop、Cassandra、HBase、MongoDBなどの主要なビッグデータ向けデータソースに対応。シンプルな操作性で迅速にデータを分析できる。無償のコミュニティー版と、有償のエンタープライズ版がある
サーバ環境Mac OS X Server、Windows Server 2008/2012、Red Hat Enterprise Linux、CentOS、Ubuntu Server、Solaris 10
クライアント環境Mac OS X、Windows 7/8、Ubuntu Desktop、iOS
導入企業ルフトハンザ航空、経済産業省、リッチレリバンス、JR西日本テクシア、セントラル短資FX、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. 施行まで1年を切ったGDPR--対応のポイントと企業が行うべき準備

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan