BI

Pentaho:HadoopやDWH、NoSQLにも対応のBI--ETLでデータ品質も担保

BIツール「Pentaho」は、基幹系システムなどからデータを抽出、変換してクレジングするETLも利用可能。インメモリキャッシングを活用。マウスでのドリルスルーやフィルタコントールが可能。

Pentahoのポイント

  • マウスのドラッグ&ドロップで分析データパイプラインを作成
  • 基本的なデータプロファイリングや文字列操作などの品質向上ツールも用意
  • インメモリキャッシングを活用、ドリルスルーなども可能

Pentahoの製品解説

 「Pentaho」はビジネスインテリジェンス(BI)ツール。基幹系システムなどからデータを抽出、変換してクレジングするETLなどの「Pentaho Data Integration」とデータを分析するための「Pentaho Business Analytics」で構成される。

編集部おすすめの関連記事

 対応するリレーショナルデータベース(RDBMS)はOracle DatabaseやIBM DB2、Microsoft SQL Server、MySQL。HadoopディストリビューションはClouderaやHortonworks、MapR、Amazon Elastic MapReduce(EMR)。NoSQLではMongoDBやCassandra、HBaseに対応。Apache SparkやApache Kafkaにも対応する。

 データウェアハウスはVerticaやGreenplum、Teradata、SAP HANA、Amazon Redshift。SalesforceやGoogle Analyticsなどのアプリケーションからも取り込める。XMLやJSON、Excel、CSV、テキストなどのファイルも取り込める。

 マウスのドラッグ&ドロップで分析データパイプラインを作成可能。RDBMSなどのデータソースは、データを抽出、準備、ブレンドするためのライブラリが用意され、ユーザー企業ごとにカスタマイズできる。データ準備プロセスでは任意のポイントでチャートや可視化、レポーティングが可能。

 行数カウントや数学関数など基本的なデータプロファイリング機能と文字列操作やマッピング関数、フィルタリング、並べ替えなどのデータ品質に関する機能も提供される。データ品質では、統一されていないデータや重複データの比重複化とクレンジング、住所やメールアドレス、電話番号の検証や標準化などに対応している。

 データ分析のユーザーインターフェース(UI)はウェブブラウザベースに対応。レポーティングやダッシュボードといった機能が利用できる。レポーティングではインメモリキャッシング技術を活用して、エンドユーザーの思考に追い付くようにしている。ダッシュボードはマウスでのドリルスルーやフィルタコントロールなどが可能となっている。

Pentahoのまとめ
用途と機能BIツール
特徴データソースは、データを抽出、準備、ブレンドするためのライブラリが用意され、ユーザー企業ごとにカスタマイズ。データ品質では、統一されていないデータや重複データの比重複化とクレンジング、住所やメールアドレス、電話番号の検証や標準化などに対応。ダッシュボードはマウスでのドリルスルーやフィルタコントロールなどが可能
導入企業BT、Caterpillar Marine Asset Intelligence、NASDAQなど

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【事例】各業界のAI導入事例に学ぶ、陥りがちな「穴」と自社に適したAI活用の進め方
  2. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性
  3. 【事例】AI活用の広告サービスで顧客生涯価値(CLV)向上に成功した小売業者の軌跡を追う
  4. Office365メールも保護! クラウド型多層防御サービスの実力
  5. 成果を生むデータマネジメント戦略とは?成功企業に共通する4つの特性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]