SDS/ストレージ仮想化 EMCジャパン

EMC ViPR:マルチベンダー環境のストレージを仮想化するSDS

ストレージ仮想化ソフトウェアの「EMC ViPR」は、マルチベンダー環境のストレージを仮想化し、ソフトウェア定義ストレージ(Software Defined Storage:SDS)を構築する。

 EMCジャパンの「EMC ViPR」は、ソフトウェア定義ストレージ(Software Defined Storage:SDS)を構築するためのクラウドベンダーやデータセンター事業者向けストレージ仮想化ソフトウェアである。オブジェクト、ファイル、ブロック、分散ファイルシステム「Hadoop Distributed File System(HDFS)」などのデータ形式やマルチベンダー環境に対応し、一元管理できる点が特徴だ。

 ViPRは「ViPR Controller」と「ViPR Data Service」の2つで構成されている。ViPR Controllerは、さまざまなストレージで構成されたインフラを仮想化し、プロビジョニング、オートメーション、セルフサービス、レポーティングなどのストレージ管理機能を一元化する。

 ViPR Data Serviceは、多様なプロトコルやAPIをサポートしており、ストレージ内に格納されているさまざまなタイプのデータに対応する。ユーザーは、形式を気にすることなくデータを扱えるようになる。

 ストレージ間で大量のデータを移行する際は、ViPRを経由することでファイルごとに高速で自動IDを付与できる。これにより、使用頻度の低いデータだけ大容量の安価なストレージに移行する、といった処理が容易にできる。

Vipr
Viprの構成(EMCジャパン提供)
EMC Viprの概要
用途と機能さまざまなデータ形式やマルチベンダーのストレージ環境を仮想化するソフトウェア
特徴オブジェクト、ファイル、ブロック、分散ファイルシステム「Hadoop Distributed File System(HDFS)」などのデータ形式を仮想化し、形式を気にすることなく一元的に管理できるようにする
税別価格ライセンス価格:270万円から、最少の管理対象容量は100Tバイト。
現行版の提供開始日2014年3月

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  2. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  3. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  4. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える
  5. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan