BI

SAP Lumira:セルフサービス型ディスカバリとしても活用できるBIツール

BIツール「SAP Lumira」は、セルフサービス型のディスカバリツールとして使えるほか可視化やダッシュボード、高度な分析といった機能を活用できる。

SAP Lumiraのポイント

  • データソースに接続してアドホックに可視化してダッシュボードを作成
  • BIアプリケーションを開発して分析結果をもとにしてコラボ強化
  • 業務部門とIT部門のコラボレーションを強化

SAP Lumiraの製品解説

 SAPジャパンの「SAP Lumira」は、ビジネスユーザーを中心にしたビジネスインテリジェンス(BI)ツール。セルフサービス型のディスカバリツールとして使えるほか可視化やダッシュボード、高度な分析といった機能を活用できる。「standard edition」「discovery edition」「designer edition」「server edition」の4つのコンポーネントが用意されている。

編集部おすすめの関連記事

 standard editionは、表計算ソフトやデーターベースに接続してアドホックにデータを可視化してダッシュボードを作成できる。discovery edition(旧Lumira Desktop)は、ビジネスユーザー向けディスカバリクライアントツール。オンラインとオフラインのデータソースを取得して操作、統合できる。

 designer editionは(旧BusinessObjects Design Studio)は、ITの専門家向けのBIアプリケーション開発ツール。ドキュメントを共有したり、分析結果をもとにして共同作業を強化したりできる。スクリプトなどを追加することで簡易的なレポートの表現を高めることもできる。

 サーバコンポーネントであるserver editionは、全社規模でのBI環境を構築できる。ユーザーの認証やアクセス権限、ユーザーの行動履歴の監査なども設定できる。

 企業のニーズに応じてオンプレミス型とクラウド型を選択できる。単一のシンプルなデザインキャンバスが、業務部門とIT部門のコラボレーションを強化し、ユーザー利用を促進してくれる。全業務部門をまたぐ包括的なセルフサービスアナリティクス、最適化されたソリューションによるリアルタイムな処理とインサイトの獲得もポイントといえる。

SAP Lumiraのまとめ
用途と機能BIアプリケーション開発も可能なBIツール
特徴セルフサービス型のディスカバリツールとして活用できるほか可視化やダッシュボード作成などにも対応。オンラインとオフラインのデータソースを取得して操作、統合

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  3. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  4. どうなる製造業! 変革期に求められるサブスクリプション対応
  5. [サーバ、ネットワーク、ストレージ]の3Tier構造に少しでも限界を感じたら

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]