NAS

Tintri VMstore:仮想マシン単位で管理できる仮想化環境専用のストレージ

 ティントリジャパンの「Tintri VMstore」は、仮想化環境での利用を前提としたネットワーク接続ストレージ(NAS)である。

 仮想化環境では一般に、特定の仮想マシンからストレージに対して負荷の高い入出力処理が発生すると、ストレージを共有するほかの仮想マシンの入出力処理を圧迫し、パフォーマンスが低下することがある。こうした問題を解決するためにTintri VMstoreでは、ストレージOS「Tintri OS」が仮想化ソフトウェアと連携し、他の仮想マシンに影響を及ぼすことなく、仮想マシン単位でストレージ性能を確保する仕組みを備える。

 このほかにも仮想マシンごとにデータを複製、復元する機能や、データ圧縮機能なども備えている。Tintri OSの最新版は、仮想マシンの1秒あたりの入出力(IOPS)の上限値と下限値を設定できる機能を備える。対応する仮想化ソフトウェアは、VMware vSphere、Red Hat Enterprise Virtualization(RHEV)、Microsoft Hyper-V。IaaS環境を構築、管理するOpenStackにも対応する。

 Tintri VMstoreには、ハードディスクドライブ(HDD)とソリッドステートドライブ(SSD)のハイブリッド構成の「Tintri VMstore T800」と、SDDだけで構成するオールフラッシュの「同T5000」の2シリーズがある。

 T800では、仮想マシンがデータにアクセスする頻度をTintri OSが監視し、アクセス頻度の高いデータをSSDに置き、低いデータをHDDに待避させる機能を備える。独自の技術によって、アクセス頻度の高いデータの99%以上をSSDに格納できるとしている。T800の仕様は、SSDの記憶容量が1.7T~8.8Tバイト、HDDは実効物理容量が20T~78Tバイト、実効論理容量が23T~100Tバイトである。

 T5000は全ての記憶媒体をSSDにして、パフォーマンスを向上させたモデル。ビッグデータ解析や3次元CADのように、大容量かつ高速性が必要な用途での利用を想定している。T5000の仕様は、SSDの実効物理容量が7.3T~14.3Tバイト、実効論理容量が36T~73Tバイトである。

Tintri VMstore T5000
記憶媒体のすべてをSSDとした「Tintri VMstore T5000」(ティントリジャパン提供)
Tintri VMstoreの概要
用途と機能仮想化環境での利用を前提としたネットワーク接続ストレージ(NAS)
特徴特定の仮想マシンで負荷の高いストレージ入出力が発生しても、ほかの仮想マシンの性能低下を防止する機能などを備える
税別価格Tintri VMstore T820:1480万円
Tintri VMstore T850:2980万円
Tintri VMstore T880:5060万円
Tintri VMstore T5060:5000万円
Tintri VMstore T5080:7400万円
導入企業T-MEDIAホールディングス、TKC、東京電機大学

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan