BI SAS Institute Japan

SAS Visual Analytics:報告や探索などを担うインメモリBI--セルフサービスにも対応

ビジネスインテリジェンス(BI)ツール「SAS Visual Analytics」は、対話操作型のレポーティングから、ビジュアルなディスカバリー、セルフサービス型のアナリティクスなどを統合インメモリ環境で活用できる。

SAS Visual Analyticsのポイント

  • 位置情報を組み合わせることで地理情報を追加可能
  • ビジネスユーザー自らマウス操作でデータを準備
  • テキストから消費者の感情を判定

SAS Visual Analyticsの製品解説

 SAS Institute Japanの「SAS Visual Analytics」は、対話操作型のレポーティングから、ビジュアルなディスカバリー、セルフサービス型のアナリティクス、スケーラビリティとガバナンスまで、全ての機能を単一の統合インメモリ環境で活用できる、ビジネスインテリジェンス(BI)ツール。

編集部おすすめの関連記事

 意思決定の的確化をもたらす重要な推進要因を視覚的に探索することができるので、データの奥深くに埋もれたビジネスチャンスを発掘することが可能。対話操作型の魅力的なレポートやダッシュボードを作成し、重要なパフォーマンス指標を速やかに要約してウェブやモバイルデバイスで共有できる。

 従来のデータに位置情報を組み合わせることで、分析や視覚化に地理空間のコンテキストを追加可能。位置情報分析によって「どこで?」という要素を評価できるようになる。

 セルフサービス型のデータ準備機能でビジネスユーザー自身がデータのインポート、テーブルの結合、データ品質管理機能の適用、計算項目の作成など全ての作業をドラッグ&ドロップで操作できる。ソーシャルメディアやその他のテキストデータに含まれるホットトピックに関する洞察を獲得し、会社や商品に対する感情が肯定的か否定的かを知ることができる。

SAS Visual Analytics
用途と機能インメモリで分析できるBIツール
特徴位置情報を組み合わせることで、分析や視覚化に地理空間のコンテキストを追加可能。ビジネスユーザー自身がデータのインポート、テーブルの結合など全ての作業をドラッグ&ドロップで操作可能。SNSなどのテキストデータから消費者の感情を判定

「BI」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]