NoSQL

次のプロジェクトでグラフDBを選ぶべき理由--Neo4j設立者のエイフレム氏に訊く

「グラフデータベースはニッチな存在でない」と主張する、Neo4jプロジェクト共同設立者のエミール・エイフレム氏。グラフデータベースは、本当に高速なのだろうか。Matt Asayが解説する。

 NoSQLデータベースの増加は明白だが、どのNoSQLも同じように作られているわけではない。

 ついに451 Researchは、長く続けてきたNoSQLデータベース人気度調査を先ごろ打ち切り、「トップ10に入っているデータベースの順位はしばらく変わりそうになく、10位圏外のデータベースが割り込む目もない」ことから、「LinkedInのNoSQLスキル指標『NoSQL LinkedIn Skills Index』をお払い箱にする時が訪れた」と主張した。

 つまり、MongoDBとCassandraの導入がずば抜けて多い状況は続くのに対し、他は伸びないと言いたいようである。

 では、Neo4jなどのグラフデータベースはどうだろうか。Neo4jプロジェクト共同設立者のEmil Eifremは、NoSQLの縁の下の力持ちと称されることもあるグラフデータベースの未来は明るい、とインタビューで話す。

残り本文:約4481文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  4. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]