運用管理 日本マイクロソフト

System Center:オンプレミスとクラウドを一元管理できる統合運用管理ソフト

統合運用管理ソフトウェアの「System Center」は、オンプレミス環境とクラウド環境を一元管理できる。プロビジョニングなどを自動化することで、運用効率を高められる。

 日本マイクロソフトの「System Center」は、システム全体を監視する統合運用管理ソフトウェアである。オンプレミス環境とクラウド環境を一元管理できるほか、PCやモバイル端末の管理機能も備えており、iPadやiPhoneを管理対象にすることも可能だ。

 マルチベンダー環境にも対応している。プロビジョニングやリソースの監視などは、Hyper-VやWindows Serverといったマイクロソフト製品に加え、VMware vSphere、Citrix XenServerなどのハイパーバイザ、Red Hat Enterprise Linux、SUSE Linux、Oracle Solaris、HP-UX、IBM AIXなどのOSでも可能だ。

 プロビジョニングは、アプリケーションやワークロードの稼働状況に応じて自動化できる。事前にポリシーを定義しておけば、ポリシーに即した自動運用が可能だ。

 「Standard」と「Datacenter」の2種類がある。異なるのは仮想化に関する部分のみで、Standardは1台の物理サーバ上で2つまでのサーバOS環境を管理できる。Datacenterは無制限の仮想OS環境を管理可能だ。

System Center
System Centerの公式サイト(日本マイクロソフト提供)
System Centerの概要
用途と機能システム全体を監視する統合運用管理ソフトウェア
特徴オンプレミス環境とクラウド環境を一元管理できるほか、PCやモバイル端末の管理機能も備え、iPadやiPhoneを管理対象にすることも可能
税別価格System Center 2012 R2 Standard Edition:18万8100円
System Center 2012 R2 Datacenter Edition:51万2400円
導入企業三井物産、日本上下水道設計

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan