サーバ仮想化 SDS/ストレージ仮想化 SDN/ネットワーク仮想化 デスクトップ仮想化 アプリケーション仮想化 IDC Japan

ITインフラ全体での仮想化導入を検討すべき--IDC Japan

IDC Japanは10月19日、国内企業のITインフラにおける仮想化の実施状況に関する調査結果を発表した。

 IDC Japanは10月19日、国内企業のITインフラにおける仮想化の実施状況に関する調査結果を発表した。本調査では、サーバ仮想化を実施している企業および組織を対象としたアンケート調査を2015年7月に実施し、516社から有効回答を得ている。それによると、仮想サーバ上で稼働するアプリケーションの割合は50%以上に達しているという。


ITインフラセグメント別仮想化実施状況:2015年調査と2013年調査の比較(IDC提供)

 サーバ仮想化を既に実施している企業において、社内の全アプリケーション(PCやモバイルのアプリケーションは除く)のうち、仮想サーバ上で稼働しているアプリケーションの割合は平均で53.2%。2014年調査の49.2%から4ポイント上昇し、半数を超える結果となった。

 さらに、財務/会計管理システムや販売/顧客管理システムなど、基幹業務システムでのサーバ仮想化の導入率が2014年調査よりも上昇しており、仮想環境が拡大していることが分かる。

 ネットワーク仮想化とストレージ仮想化の実施状況について調査した結果、サーバ、ネットワーク、ストレージ全てのITインフラリソースにおいて仮想化を実施している企業は28.3%、サーバとストレージでの実施は16.1%、サーバとネットワークでの実施は10.1%となった一方、サーバだけ実施している企業は45.5%だった。

 つまり、サーバ仮想化を実施している企業の半数以上はサーバのみの仮想化でなく、ネットワークあるいはストレージにおいても仮想化を実施している状況にあることになる。2年前に実施した2013年調査と比較すると、サーバ以外の領域での仮想化実施率が大きく上昇しており、IDCではITインフラ全体での仮想化が着実に進んでいると考えている。

 ネットワーク仮想化による効果が大きかった上位3項目として、「ネットワークの設定作業負担の軽減」「ネットワークの冗長性/可用性の向上」「ネットワーク構成の柔軟な変更」を挙げている。

 また、多くの仮想サーバを運用している企業では「VLANの拡張」が上位に挙がった。ストレージ仮想化による効果が大きかった上位3項目としては、「ストレージ容量の有効活用」「ストレージコストの削減」「ストレージ管理の一元化」が挙げられている。

 同社ソフトウェア&セキュリティ リサーチマネージャーの入谷光浩氏は、以下のようにコメントしている。

 「仮想化技術がITインフラ全体に適用されることで、コスト削減効果だけではなく、管理の効率化や一元化、柔軟性や拡張性の向上など、その効果がより大きく発揮されるようになる。ユーザー企業は仮想化ソリューションの導入を行っていく際、ITインフラ全体の観点からネットワークとストレージの仮想化についても検討していくことが必要である」

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan