コンバージド・ハイパーコンバージド VMware

VMware EVO:RAIL:vSphereを基盤としたハイパーコンバージドインフラ

「VMware EVO:RAIL」は、x86ベースのサーバとストレージ、仮想化環境を統合したハイパーコンバージドインフラである。

 ヴイエムウェアの「VMware EVO:RAIL」は、x86ベースのサーバとストレージ、同社の仮想化環境を統合したアプライアンス製品である。「ハイパーコンバージドインフラストラクチャ」と呼ばれる分類に属し、同社の認定パートナーが販売する。

 EVO:RAILは、x86ベースのサーバ機とストレージ装置のほかに、(1)仮想環境設定ソフト「EVO:RAIL Deployment Configuration and Management(DCM)」、(2)ストレージ仮想化ソフト「VMware VSAN for vSphere」、(3)サーバ仮想化ソフト「VMware vSphere Enterprise Plus」、(4)仮想環境管理ソフト「VMware vCenter Server Appliance」、(5)ログ管理解析ソフト「VMware vCenter Log Insight」――を搭載する。

 EVO:RAIL DCMは、EVO:RAIL専用に用意されたソフトで、それ以外は単体でも提供されている。EVO:RAIL DCMを利用すると、新たなノードをワンクリックで自動的にシステムに追加することが可能である。最大4台までのスケールアウトに対応する。

 パートナーの1社であるネットワンシステムズが販売する「NetOne Integrated System Appliance for VMware EVO:RAIL」は、CPUにXeon E5-2620v2(6コア)を2基、192Gバイトのメモリを備える。ストレージには、400Gバイトのソリッドステートドライブ(SSD)と1.2Tバイトのハードディスクドライブ(HDD)3台を搭載。1台の筐体で最大4ノードを構成し、最大100台の仮想マシンまたは最大250台の仮想デスクトップを集約できるとしている。

 ネットワンシステムズでは、顧客の要望に応じて、仮想基盤向けのキュリティや負荷分散製品、仮想デスクトップを活用したワークスタイル変革サービス、運用負荷を軽減する遠隔モニタリングサービスなどをEVO:RAILに追加して提供するという。

VMware EVO:RAIL
NetOne Integrated System Appliance for VMware EVO:RAILの外観(ネットワンシステムズ提供)
VMware EVO:RAILの概要
用途と機能サーバとストレージ、仮想化基盤を統合したアプライアンス製品
特徴2Uサイズのサーバ機にヴイエムウェアの仮想化ソフト群を搭載。筐体やノードを追加するだけで容易にスケールアウトできる
導入企業福岡ひびき信用金庫、協和発酵キリンなど

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

ホワイトペーパーランキング

  1. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. 人手がかかりすぎるから脱却するには?:「脅威インテリジェンスの活用と自動化」によるアプローチ
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan