IaaS VMware

VMware vCloud Air:vSphereのパブリッククラウド、ワークロードが移動可能

ハイパーバイザ「VMware vSphere」がベースのパブリッククラウドサービスの「VMware vCloud Air」は、オンプレミスとの間でワークロードを移動させられる。

 ヴイエムウェアの「VMware vCloud Air」は、ハイパーバイザ「VMware vSphere」を基盤として構築されたパブリッククラウドサービスである。現在、90種類以上のOSに対応し、2200社を超える独立系ソフトウェアベンダー(ISV)が提供する5000種類以上のアプリケーションを実行できる。

 社内サーバでvSphereを導入済みの場合は、vCloud Airと管理ツールを連携できるほか、サポートの一元化も可能だという。社内のvSphere環境とvCloud Airの間で仮想マシンやワークロードを容易に移動することができる。また、オンプレミス環境の追加リソースプールとして、vCloud Airに拡張することも可能だ。

 2015年9月には「vCloud Air SQL」など新たな機能を追加した。vCloud Air SQLは、Database as a Service(DBaaS)で、データベース管理システム(DBMS)には「Microsoft SQL Server」を利用する。このほかのリレーショナルデータベースにも対応する予定だという。

vCloud Air
vCloud Airの概要図(ヴイエムウェア提供)
VMware vCloud Airの概要
用途と機能パブリッククラウドサービス
特徴VMware vSphereで基盤を構成。オンプレミスとvCloud Airの間でワークロードを移動させられる
税別価格従量課金の場合、メモリ8Gバイト、仮想CPU 2つの仮想マシンが1時間あたり28円
導入企業協和発酵キリン、インストラクション、JBCC、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan