プライベートクラウド

小さな組織はOpenStackを使うべきか--導入時の難所とは

本稿では、OpenStack導入時の難所と、小さな組織でもOpenStack導入を検討すべきケースを学ぶ。

 OpenStackは、多くの人がメリットを享受できるプラットフォームだ。その登場直後、筆者はOpenStackをVMware vSphereの代替になるものと認識したユースケースをよく目にした。サービスプロバイダは、パブリッククラウドにおけるデファクトスタンダードとしてOpenStackを採用してきた。最近では、プライベートクラウド導入を検討する企業は、候補に必ずOpenStackを入れるようになった。

残り本文:約1696文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan