運用管理

Zabbix:さまざまな機器やアプリケーションを監視できる運用管理ソフト

運用管理ソフトウェア「Zabbix」は、物理マシンや仮想マシン、ネットワーク機器、アプリケーションの稼働状態を監視、追跡できる。収集したメトリックス内の障害ステータスを自動的に検知できる。

Zabbixのポイント

  • エージェントでCPUやメモリ、プロセスなどの詳細な状況を監視
  • SNMPエージェントでネットワーク使用率やポートステータスなどを監視
  • 収集したメトリックス内の障害ステータスを自動的に検知

Zabbixの製品解説

 「Zabbix」は、オープンソースソフトウェア(OSS)のシステム運用管理ソフトウェア。物理マシンや仮想マシン、ネットワーク機器、アプリケーションの稼働状態を監視、追跡するための機能を提供する。

編集部おすすめの関連記事

 対象システムにエージェントをインストールするタイプとエージェントレスの2つの監視モードがある。エージェントレスでは、SMTPやHTTPなどの標準的な通信プロトコルで可用性や応答性を確認する。

 エージェントをインストールすると、CPUやメモリ、ネットワーク、ディスク容量、プロセスなどの詳細なステータスを監視できる。エージェントが対応するOSは、Windows、Mac OS X、AIX、HP-UX、Solaris、Linux、NetBSD、FreeBSD、OpenBSDなど。

 ルータやスイッチなどのネットワーク機器のSNMPエージェントにも対応。これによって、ネットワーク機器のネットワーク使用率、CPU、メモリ、ポートステータスなどを監視する。

 障害検知では、収集したメトリックス内の障害ステータスを自動的に検知するため、収集したメトリックスを熟視し続ける労力をかける必要がないと説明。柔軟性の高い定義設定、障害の切り分けと解決の状況、複数の深刻度レベル、根本原因の解析、異常検出、傾向予測に至るまで、高機能な閾値設定が行える。

 稼働OSはLinux。稼働環境には、MySQLやPostgreSQLなどのデータベース管理システム、プログラミング言語のPHPが必要。

 監視対象が数万台の大規模環境にまで対応できるように設計されているといいう。監視対象数が10万以上、1分間の監視プロセス数が100万以上、毎日数ギガバイトの履歴データを収集している環境で複数の導入実績があるという。

Zabbixのまとめ
用途と機能OSS運用管理ソフトウェア
特徴エージェントでCPUやメモリ、プロセスなどの詳細な状況を監視。SNMPエージェントでネットワーク使用率やポートステータスなどを監視。収集したメトリックス内の障害ステータスを自動的に検知

「運用管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]