PBX NTTコミュニケーションズ

Arcstar Smart PBX:私物スマホに内線でかけられるクラウド型PBX

クラウド型PBXサービス「Arcstar Smart PBX」はPBXをクラウド化することで設備や保守のコストを削減。スマートフォンやPCなどデバイスフリーで内線電話を利用できる。

Arcstar Smart PBXのポイント

  • デバイスフリーで場所を問わずに内線通話が無料で利用
  • 転送設定や代表グループなどはウェブ上で設定を変更
  • BYODで私物端末に無料で内線通話

Arcstar Smart PBXの製品解説

 NTTコミュニケーションズの「Arcstar Smart PBX」は、FMC、内線機能を備えたクラウド型の構内交換機(PBX)サービスだ。PBXやビジネスホンを使用せずに、クラウドにあるIP電話サーバでPBX機能と内線機能を利用できる。

編集部おすすめの関連記事

 PBXやビジネスホンをクラウド化することで設備など自社固定資産を削減でき、あわせて保守コストも低減することが可能になる。設備や設置スペースが不要になるため、煩雑な配線も不要となり、オフィススペースを有効活用できる。

 内線端末としては、スマートフォンやIP電話端末、PCのソフトフォンなどデバイスフリーで利用でき、場所を問わず内線通話を無料で利用可能。スマートフォンは携帯電話のキャリアを問わず利用が可能なため、社員の契約キャリアを統一する必要もない。個人所有のモバイル端末を業務で活用するBYODにも適している。

 設定も用意に変更できる。転送設定や代表グループなどはウェブ上で設定の変更が可能だ。人事異動やオフィスのレイアウト変更などの際に設定を変更する場合でも、工事業者などの手配が不要となり、保守や管理業務を効率化することが可能になる。

 IP電話サービス「Arcstar IP Voice」との組み合わせることで内線電話のほかにビジネス専用の050番号を持つことができ、外線の発着信も可能となる。また、ビジネス用の連絡先情報をクラウドで管理、共有できる「ウェブ電話帳」サービスもオプションで用意されており、これにより1台のモバイル端末でビジネスとプライベートの電話帳を分けて管理することもできる。


Arcstar Smart PBXの利用シーン(出典:NTTコミュニケーションズ)
Arcstar Smart PBXのまとめ
用途と機能FMC、内線機能を備えるクラウド型PBX
特徴PBXやビジネスホンをクラウド化することで、設備や保守のコストを削減。内線電話はPC、スマートフォンなどデバイスフリー、無料で利用可能。ウェブ上で簡単に設定を変更
税別価格初期費用(新設工事費)1万円
基本料金:月額5000円
ID利用料:月額500円(1IDごと)
導入企業南会津町、鹿児島放送、時事通信社など

「PBX」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]