PBX NTTコミュニケーションズ

Arcstar Smart PBX:電話設備の社内設置が不要なクラウド型PBX

クラウド型PBXサービスの「Arcstar Smart PBX」は、クラウド上にあるIP電話サーバを使ってPBX機能と内線機能を提供する。設備費や保守コストを抑え、オフィススペースを有効活用できる。

 NTTコミュニケーションズの「Arcstar Smart PBX」は、クラウド型の構内交換機(PBX)サービスだ。クラウド上にあるIP電話サーバを使ってPBX機能と内線機能を利用するため、電話設備を社内に設置する必要がない。設備費や保守コストを抑え、オフィススペースを有効活用できる。

 IP電話、PCのソフトフォン、スマートフォンなど、さまざまなデバイスから内線電話を利用できる。内線電話は拠点間や外出先からでも利用でき、電話業務の効率化と通信費の削減を図れる。

 転送設定や代表グループなどの設定変更はウェブの管理画面から操作できる。PBX機器を社内に設置する場合と比べ、保守や運用業務にかかる時間や負荷を減らせる。

 どの通信会社のスマートフォンでも内線電話として利用できる。従業員の私物スマートフォンを内線電話の代わりとして使うことができるため、私物端末を業務で利用するBYOD(Bring Your Own Device)との親和性も高い。

Arcstar Smart PBX
Arcstar Smart PBXの概要図(NTTコミュニケーションズ提供)
Arcstar Smart PBXの概要
用途と機能クラウド型PBXサービス
特徴PBXをクラウド化することで、設備費や保守コストを抑え、オフィススペースを有効活用できる。IP電話、PCのソフトフォン、スマートフォンなど、さまざまなデバイスから内線電話を利用可能。
税別価格初期費用は1万円。月額料金は契約基本料が5000円、1IDにつき500円
導入企業鹿児島放送、日本郵便

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. 人手がかかりすぎるから脱却するには?:「脅威インテリジェンスの活用と自動化」によるアプローチ
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. “できる中小企業”の人材採用――事例から紐解く「コア人材」獲得のポイントとは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan