統計解析 SAS Institute Japan

SAS:インメモリも活用できる分析基盤ソフト--機能特化型パッケージも提供

分析基盤の「SAS」は、最新版でインメモリ技術で高速に分析できるようになっている。ビジネスニーズに合わせて機能を特化したパッケージも提供する。

 SAS Institute Japanの「SAS」は、インメモリ技術も活用できる分析プラットフォーム。SAS 9.4では、クラスタリング構成を標準でサポート。単一障害点を排除することで高可用性と負荷分散を可能にし、パフォーマンスを向上している。「Apache Hadoop」との連携機能も強化した。

 分析実行プラットフォームとなる「SAS Web Application Server」、監視と管理用インターフェースである「SAS Environment Manager」などで構成する。オンプレミスのほか、プライベートクラウドとパブリッククラウドの環境でシステムをデプロイできる。

 SAS 9.4に対応する「SAS High-Performance Analytics」は、インメモリ技術でビッグデータを高速に処理、分析するが、超並列処理(MPP)型だけでなく、シングルサーバ(SMP)環境でもインメモリを利用できるようになっている。High-Performance Analyticsに対応したパッケージとして、ビジネスニーズに合わせて「データマイニング」「テキストマイニング」「最適化」「統計解析」「フォーキャスティング(予測)」「計量経済分析」の6種類の製品を提供する。シングルサーバで運用をスタートし、データの増大やビジネスのスピード要件に応じてMPP型へスケールアウトできる。

 さらに、複数のSAS環境を単一画面で監視、管理できるようにするなど、管理者向けの機能を拡充している。業界標準の暗号化アルゴリズムを利用可能にしたことに加え、セキュリティ設計作業も容易にした。

SAS
SAS 9.4で拡張された環境管理画面(SAS Institute Japan提供)
SASの概要
用途と機能インメモリ技術も活用できる分析プラットフォーム
特徴クラスタリング構成を標準でサポート。単一障害点の排除することで高可用性と負荷分散を可能にし、パフォーマンスを向上した。
サーバ環境HP-UX、AIX、z/OS、Linux、Windows Server 2008/2012、Solaris
クライアント環境Windows 7/8
発表日SAS 9.4:2013年8月1日
導入企業りそな銀行、ジャックス、KDDI、ディノス・セシール、ファンケル、オルビス、村田製作所、東京大学、国立循環器病研究センター、国立がん研究センター、国立健康・栄養研究所、日本たばこ産業など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  2. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  3. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  4. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える
  5. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan