統計解析 SAS Institute Japan

SAS:インメモリも活用できる分析基盤ソフト--機能特化型パッケージも提供

分析基盤の「SAS」は、最新版でインメモリ技術で高速に分析できるようになっている。ビジネスニーズに合わせて機能を特化したパッケージも提供する。

 SAS Institute Japanの「SAS」は、インメモリ技術も活用できる分析プラットフォーム。SAS 9.4では、クラスタリング構成を標準でサポート。単一障害点を排除することで高可用性と負荷分散を可能にし、パフォーマンスを向上している。「Apache Hadoop」との連携機能も強化した。

 分析実行プラットフォームとなる「SAS Web Application Server」、監視と管理用インターフェースである「SAS Environment Manager」などで構成する。オンプレミスのほか、プライベートクラウドとパブリッククラウドの環境でシステムをデプロイできる。

 SAS 9.4に対応する「SAS High-Performance Analytics」は、インメモリ技術でビッグデータを高速に処理、分析するが、超並列処理(MPP)型だけでなく、シングルサーバ(SMP)環境でもインメモリを利用できるようになっている。High-Performance Analyticsに対応したパッケージとして、ビジネスニーズに合わせて「データマイニング」「テキストマイニング」「最適化」「統計解析」「フォーキャスティング(予測)」「計量経済分析」の6種類の製品を提供する。シングルサーバで運用をスタートし、データの増大やビジネスのスピード要件に応じてMPP型へスケールアウトできる。

 さらに、複数のSAS環境を単一画面で監視、管理できるようにするなど、管理者向けの機能を拡充している。業界標準の暗号化アルゴリズムを利用可能にしたことに加え、セキュリティ設計作業も容易にした。

SAS
SAS 9.4で拡張された環境管理画面(SAS Institute Japan提供)
SASの概要
用途と機能インメモリ技術も活用できる分析プラットフォーム
特徴クラスタリング構成を標準でサポート。単一障害点の排除することで高可用性と負荷分散を可能にし、パフォーマンスを向上した。
サーバ環境HP-UX、AIX、z/OS、Linux、Windows Server 2008/2012、Solaris
クライアント環境Windows 7/8
発表日SAS 9.4:2013年8月1日
導入企業りそな銀行、ジャックス、KDDI、ディノス・セシール、ファンケル、オルビス、村田製作所、東京大学、国立循環器病研究センター、国立がん研究センター、国立健康・栄養研究所、日本たばこ産業など

「統計解析」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 企業価値を「デジタル由来」に転換--大企業のDXをハッカソンで支える日本マイクロソフト
  2. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. 6割のサイバー攻撃ではマルウェアは使われていない事実が判明─求められる新たな防御戦略とは
  5. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]