NAS SAN EMCジャパン

EMC Data Domain:インライン重複排除で圧縮できるデータ保護ストレージ

データ保護ストレージの「EMC Data Domain」は、バックアップ/リカバリなどの機能を提供する。独自の圧縮技術で記憶容量の利用効率を向上させている。

 EMCジャパンの「EMC Data Domain(DD)」は、バックアップ/リカバリの機能を提供するデータ保護ストレージ。独自の圧縮技術によって記憶容量の利用効率を向上させていることが特徴である。同社によると、データの圧縮率は10~30分の1。圧縮率が高いため、磁気テープ装置を使うアーカイブの用途でも有用としている。

 システムは、イーサネット経由でNFS(Netwok File System)またはCIFS(Common Internet File System)のファイルサーバ、ファイバチャネル(FC)経由の仮想テープライブラリ(VTL)、イーサネット経由のNDMP(Network Data Management Protocol)テープサーバとして利用できる。

 データ圧縮などの機能を提供するのが、Data Domainに搭載するソフトウェア「EMC DD OS(Data Domain Operating System)」である。ディスクに書き込まれる前にデータの重複排除処理をする「インライン重複排除」機能を備えている。

EMC Data Domain DD9500
EMC Data Domain DD9500(EMCジャパン提供)

 このほか、バックアップと災害復旧を高速化、効率化する「EMC Data Domain Boost」、バックアップ/アーカイブしたデータのセキュリティを保護する「同Encryption」、磁気テープの代わりにバックアップを保存する「同Extended Retention」、単一のインターフェースでシステムを管理する「同Management」、バックアップ/アーカイブしたデータを復元する「同Replicator」、社内規定やコンプライアンス(法令順守)に準拠してデータを保護する「同Retention Lock」、テープライブラリを代替する機能を備える「同VTL」といったソフトウェアを提供する。

 製品ラインアップには、小規模企業向けのDD2200(論理容量40T~860Tバイト)、DD2500(同1.3P~6.6Pバイト)、中堅企業向けのDD4200(同1.8P~9.4Pバイト)、DD4500(同2.8P~14.2Pバイト)、大企業向けのDD7200(同4.2P~21.4Pバイト)、DD9500(同8.6P~243.2Pバイト)がある。DD2200と同2500以外のモデルは、DD Extended Retentionを利用すると論理容量が2倍になる。

EMC Data Domainの概要
用途と機能バックアップやアーカイブでの利用を想定したアプライアンス製品
特徴独自の「インライン重複排除技術」によってデータを10~30分の1に圧縮する
税別価格Data Domain DD2200:112万5000円から
導入企業霧島酒造、恵和ビジネス、光通信

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  4. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  5. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan