コンバージド・ハイパーコンバージド Nutanix

Nutanix XCP:仮想環境に最適化されたハイパーコンバージド基盤

ハイパーコンバージド基盤の「Nutanix Xtreme Computing Platform」は、x86ベースのサーバとストレージを1つの筐体に集約し、仮想化環境に最適化したアプライアンス製品。

 ニュータニックス・ジャパンの「Nutanix Xtreme Computing Platform(XCP)」は、x86ベースのサーバとストレージを1つの筐体に集約し、仮想化環境に最適化したアプライアンス製品。「ハイパーコンバージドインフラストラクチャ」と呼ばれる分類に属する製品である。

 XCPは、「NutanixOS(NOS)」という独自のOS上に仮想化環境が組み込まれた状態で提供される。仮想マシンを構築するハイパーバイザはVMware vSphere、Microsoft Hyper-V、KVMの中から選択可能。独自の分散ファイルシステムをはじめ、ストレージ機能をソフトウェアで実装しており、RAIDやキャッシュの機能、ストレージエリアネットワーク(SAN)、ネットワーク接続ストレージ(NAS)といったストレージシステムを別に用意する必要はない。

 XCPの環境に新たにノードを追加するだけで、ストレージを含めてシステム全体をスケールアウトできる。同社では、30~60分で導入が可能だとしている。筐体は2Uサイズで最大4ノードを搭載。システムは最小3ノードの構成である。

 ストレージはハードディスクドライブ(HDD)とソリッドステートドライブ(SSD)の混在が可能。SSDは、キャッシュ領域だけでなくデータ領域としても利用する。データのアクセス頻度を判断し、HDDとSSDの混在環境でデータの配置を最適化する機能を備える。

 XCPは、「Nutanix Prism」と「Nutanix Acropolis」という2種類の製品ファミリで構成されている。Prismはインフラ管理を簡略化するマネジメントコントロールスタック。Acropolisはアプリケーションモビリティファブリック、分散ストレージファブリック、仮想化などから構成されている。

Nutanix Xtreme Computing Platform
Nutanix Xtreme Computing Platformの外観
Nutanix Xtreme Computing Platformの概要
用途と機能サーバ、ストレージ、仮想化基盤を統合したアプライアンス製品
特徴ノードを追加するだけでストレージを含めてスケールアウトが可能
税別価格650万円(3ノード構成のNX-1365-G4)
導入企業ヤフー、TIS、足立区

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan