コンバージド・ハイパーコンバージド Nutanix

Nutanix XCP:仮想環境に最適化されたハイパーコンバージド基盤

ハイパーコンバージド基盤の「Nutanix Xtreme Computing Platform」は、x86ベースのサーバとストレージを1つの筐体に集約し、仮想化環境に最適化したアプライアンス製品。

 ニュータニックス・ジャパンの「Nutanix Xtreme Computing Platform(XCP)」は、x86ベースのサーバとストレージを1つの筐体に集約し、仮想化環境に最適化したアプライアンス製品。「ハイパーコンバージドインフラストラクチャ」と呼ばれる分類に属する製品である。

 XCPは、「NutanixOS(NOS)」という独自のOS上に仮想化環境が組み込まれた状態で提供される。仮想マシンを構築するハイパーバイザはVMware vSphere、Microsoft Hyper-V、KVMの中から選択可能。独自の分散ファイルシステムをはじめ、ストレージ機能をソフトウェアで実装しており、RAIDやキャッシュの機能、ストレージエリアネットワーク(SAN)、ネットワーク接続ストレージ(NAS)といったストレージシステムを別に用意する必要はない。

 XCPの環境に新たにノードを追加するだけで、ストレージを含めてシステム全体をスケールアウトできる。同社では、30~60分で導入が可能だとしている。筐体は2Uサイズで最大4ノードを搭載。システムは最小3ノードの構成である。

 ストレージはハードディスクドライブ(HDD)とソリッドステートドライブ(SSD)の混在が可能。SSDは、キャッシュ領域だけでなくデータ領域としても利用する。データのアクセス頻度を判断し、HDDとSSDの混在環境でデータの配置を最適化する機能を備える。

 XCPは、「Nutanix Prism」と「Nutanix Acropolis」という2種類の製品ファミリで構成されている。Prismはインフラ管理を簡略化するマネジメントコントロールスタック。Acropolisはアプリケーションモビリティファブリック、分散ストレージファブリック、仮想化などから構成されている。

Nutanix Xtreme Computing Platform
Nutanix Xtreme Computing Platformの外観
Nutanix Xtreme Computing Platformの概要
用途と機能サーバ、ストレージ、仮想化基盤を統合したアプライアンス製品
特徴ノードを追加するだけでストレージを含めてスケールアウトが可能
税別価格650万円(3ノード構成のNX-1365-G4)
導入企業ヤフー、TIS、足立区

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 報告: IT部門と事業部門の「境目」が消え始めた!?世界のITリーダーが回答
  3. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  4. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書
  5. ITRアナリスト浅利氏解説:組織/ビジネス強化に有効なクラウドERP--ユーザー自ら導入で迅速展開

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan