運用管理 日立製作所

JP1:サーバ1台から数千台の大規模システムまでをサポートする運用管理ソフト

運用管理ソフトウェアの「JP1」は、モニタリング、オートメーション、ファウンデーション、ITコンプライアンスの4領域をカバーする。自社に必要な機能から導入し、徐々に拡張していくことができる。

 日立製作所の「JP1」は、企業システムを対象とした運用管理ソフトウェア。モニタリング、オートメーション、ファウンデーション、ITコンプライアンスの4領域をカバーする統合ツールである。1994年の発売以来、20年以上の歴史を持つ。

 (1)モニタリングでは統合管理とサービスレベル管理、アベイラビリティ管理、(2)オートメーションではIT運用自動化とジョブ管理、(3)ファウンデーションではITリソース管理とネットワーク管理、ストレージ管理、サーバ管理、(4)ITコンプライアンスでは資産、配布管理とセキュリティ管理――といった管理機能を提供する。

 自社に必要な機能から導入し、徐々に拡張していくことが可能。PCサーバ1台の小規模システムから、数千台のサーバで構成する大規模システムにまで対応する。

 JP1は、システム全体の構成情報や稼働状況、システム内で発生するさまざまな事象(イベント)を統合コンソール上の共通化されたオペレーション環境で一元管理できる。Windowsのイベントログ、UNIXやLinuxのシステムログ、任意のアプリケーションのログやSNMPトラップをJP1イベントとして表示。監視対象サーバにエージェントをインストールすることなく障害監視(ログ監視)ができるので、業務システムを止めることなく監視を始められる。監視対象サーバにエージェントをインストールするエージェント監視とエージェントレス監視を混在させた運用も可能。

 サポートOSは、Windows、Linux、AIX、HP-UX、Solarisなど。最新版ではAmazon EC2やMicrosoft Azureなどのクラウド環境、クラスタリング環境や仮想化環境も管理対象に含められる。

 「JP1 Certified」という連携製品認定制度を設けており、JP1を構成するソフトウェアとシームレスに連携できる他社製ハードウェアとソフトウェアを認定している。

JP1
JP1の統合コンソールの画面(日立製作所提供)
JP1の概要
用途と機能企業向けの統合システム運用管理ソフトウェア
特徴単一の統合コンソールで、システムに発生するさまざまなイベントを一元的に管理する
税別価格234万2000円(「統合管理」の基本構成の概算価格)
導入企業住友林業、クボタ、ヤマハ、ブリヂストン

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan