BI ウイングアーク1st

MotionBoard Cloud:社内外のデータをつなぐ専門知識いらずのクラウドBI

クラウド型BIサービスの「MotionBoard Cloud」は、現場利用者向けにさまざまなテンプレートが用意されており、専門知識を必要とせずに操作できる。

 ウイングアーク1stの「MotionBoard Cloud」は、クラウド型ビジネスインテリジェンス(BI)サービス。オンプレミス環境のExcelや各種データベースのほか、クラウド環境のデータベースやデータウェアハウス(DWH)に分散したデータを集約して、PCやタブレット、スマートフォンで集計、分析、可視化できる。

 ニーズの多い業種や業務向けには、ダッシュボードのテンプレートが用意されており、利用者は専門知識を必要とせずに操作できる。営業マネージャやフィールドセールス、電話やメールで顧客コミュニケーションをするインサイドセールス向けや、マーケティング活動を可視化するためのものがある。

 住所情報から緯度経度へのデータ変換を高速に処理するサービス「リアルタイムGEOコーディング」をオプションで提供する。事前に住所情報を緯度経度のデータに変換してデータベースなどに格納しておかなくても、手持ちの住所情報を画面上で指定するだけで丁目番地レベルの可視化が可能となる。

 人口統計や気象観測、消費動向、ソーシャルメディアの反応といった各種第三者データを、自社の販売実績や顧客情報のデータと併せて比較、分析できるサービス「3rd Party Data Gallery for MotionBoard Cloud」を別途提供する。同サービスを利用することで、より多角的で客観的な分析が可能になる。

 社内ファイルサーバやローカルPCのExcel/CSVファイル、社内データベース(Oracle Database、Microsoft SQL Server、PostgreSQL、MySQL、Dr.Sum EAなど)をはじめ、クラウドサービスのAmazon Web Services(AWS)にある外部データベース(Amazon Redshift、PostgreSQL、MySQL)やSalesforceに接続できる。オンプレミスやAWSのデータベース、DWHとの接続には、Professional Editionの契約が必要。Salesforceと連携する場合は「MotionBoard Cloud for Salesforce」の契約が必要になる。

 Professional Editionでは、MotionBoard Bridge Serviceを使うことで、オンプレミスのExcelやCSVをはじめ、各種データベースのデータを直接活用できるようになるので、データをクラウドにアップロードするための専用線や仮想閉域網(VPN)によるインフラ構築が不要になる。MotionBoard AgentやMotionBoard Bridgeを利用して、Excelファイルの更新時に自動的にアップロードする運用を行えば、社内に散在するExcelファイルはそのままにデータをMotionBoardへ集約できる。

MotionBoard Cloud
MotionBoard Cloudの画面例(ウイングアーク1st提供)
MotionBoard Cloudの概要
用途と機能クラウド型のビジネスインテリジェンス(BI)サービス
特徴オンプレミス環境のExcelや各種データベースをはじめ、クラウド環境のデータベースやデータウェアハウス(DWH)に分散したデータを集約して、PCやタブレット、スマートフォンで集計、分析、可視化できる
税別価格MotionBoard Cloudが月額3万円、3rd Party Data Gallery for MotionBoard Cloudが月額1万円から、など
発表日2014年3月26日
導入企業ベルシステム24、ネクスウェイ、アスクル、など

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan