バックアップ デル

Dell AppAssure:環境を選ばずアプリケーションとデータのバックアップ可能

データ保護ソフトウェア「Dell AppAssure」は、マルチコアの動的なパイプラインストレージシステムを活用して、保存するデータ量に比例して拡張して、データを効率良く管理できるという。

Dell AppAssureのポイント

  • マルチコアの動的なパイプラインストレージシステムを活用
  • インライン型の重複除外と圧縮でバックアップをWANレプリケーション用に最適化
  • アプリケーションのリカバリー能力のテストと検証を夜間に自動的に実行

Dell AppAssureの製品解説

 Dellの「Dell AppAssure」はデータ保護ソフトウェア。バックアップやレプリケーション、リカバリーの機能も統合している。物理環境や仮想環境、クラウド環境にも対応。WindowsとLinuxの両方の環境に対応している。

 増え続けるデータを保護する「True Scale Data Protection」が搭載されている。マルチコアの動的なパイプラインストレージシステムを活用して、保存するデータ量に比例して拡張して、データを効率良く管理。被災した時点からどれだけの時間で復旧させるかという目標復旧時間(RTO)と過去のどの時点まで保障して復旧させるかという目標復旧時点(RPO)を分単位で達成できる。

 「True Global Deduplication」でストレージのフットプリントを縮小できる。インライン型の重複除外と圧縮でバックアップをWANレプリケーション用に最適化し、ネットワーク全体で冗長データを排除できる。

 「Live Recovery」では、数時間ではなく数秒のRTOで、バックアップからサーバー全体をリストアできると説明。サーバーをリカバリーする際も数分間のRPOで、1日あたり最大288のリカバリーポイントから、どの場所に対しても実行できるとしている。

 データベースアプリケーションのバックアップファイルが完全にリカバリー可能かどうかを確認する「Recovery Assure」では、アプリケーションのリカバリー能力のテストと検証を夜間に自動的に実行する。

 「Universal Recovery」による任意の仮想マシンや物理マシンへのリストアにも対応しており、異種ハードウェアや仮想マシンのサーバーに対するベアメタルリカバリーは数秒で完了。個別のオブジェクトやアプリケーション、ファイル、メッセージのきめ細かいリカバリーも数分で完了できるとしている。

Dell AppAssureのまとめ
用途と機能レプリケーションやリカバリーの機能も統合したデータ保護ソフトウェア
特徴マルチコアの動的なパイプラインストレージシステムを活用。インライン型の重複除外と圧縮でバックアップをWANレプリケーション用に最適化。アプリケーションのリカバリー能力のテストと検証を夜間に自動的に実行

「バックアップ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]