バックアップ arcserve Japan合同会社

Arcserve UDP:ブロック単位で重複排除する統合データ保護ソフトウェア

統合データ保護ソフトウェアの「Arcserve Unified Data Protection」は、バックアップ/リカバリ機能のほか、レプリケーション機能も備えている。ファイル単位ではなくブロック単位で重複を排除する。

 arcserve Japanの「Arcserve Unified Data Protection(UDP)」は、バックアップ/リカバリ機能を中核とした統合データ保護ソフトウェア。バックアップ/リカバリソフトウェア「Arcserve Backup」と、レプリケーション(複製)ソフトウェア「Arcserve Replication/High Availability(HA)」の機能を包含した統合ツールである。

 UDPとBackupのバックアップ機能は、OSを含めたハードディスク全体のイメージデータをバックアップ/リカバリする。このため、システム障害などで復旧させる場合に、OSやアプリケーションを再インストールする必要はない。バックアップ先は、ディスクとテープの両方に対応。2次保管先をクラウドにすることもできる。バックアップの対象となる環境は、Windows、Linux、VMware vSphereとMicrosoft Hyper-Vの仮想マシンなど。

 このほか、アプリケーションのデータのみをバックアップするエージェントも提供する。対象となるアプリケーションは、Oracle DatabaseやMicrosoft SQL Server、Exchange Server、Sharepoint、IBM Lotus Dominoなど。

 Arcserveのバックアップは、独自のデータ重複排除技術を採用している。これは、データの重複をファイル単位ではなく、小さなブロック単位で排除する機能である。この機能によって、バックアップとリストアの時間を大きく削減する。

 UDPとReplication/HAのレプリケーションは、データベース管理システム(DBMS)やアプリケーションの間でデータを複製する機能。稼働中の本番サーバのデータを、ほぼリアルタイムで他のサーバに複製する。事業継続計画(BCP)や災害復旧(DR)対策として、遠隔地に設置されたデータベース間でデータを複製するといった活用も可能だ。対応するDBMSとアプリケーションは、Oracle DatabaseやSQL Server、Exchange Serverなど。ウェブサーバであるInternet Information Services(IIS)のデータにも対応する。

Arcserve UDP
Arcserve UDPの画面(Arcserve Japan提供)
Arcserve UDPの概要
用途と機能WindowsやLinux、仮想化環境を対象とした統合データ保護ツール
特徴バックアップやレプリケーションなどの機能を統合
税別価格Arcserve UDP v5 Standard Edition:8万円(1年間メンテナンス付き)
導入企業旭化成ホームズ、清水建設、霧島酒造

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan