バックアップ arcserve Japan合同会社

Arcserve UDP:複雑なバックアップを簡単にできる統合データ保護ソフト

統合データ保護ソフトウェア「Arcserve Unified Data Protection」は、バックアップ/リカバリ機能が中核。データの重複をファイル単位ではなく、小さなブロック単位で排除する。

Arcserve UDPのポイント

  • SQL ServerやExchange Server、SharePoint Server、Oracle Databaseにも対応
  • データの重複を小さなブロック単位で排除
  • バックアップデータを復旧テストして万一に活用できるかどうか確認

Arcserve UDPの製品解説

 arcserve Japanの「Arcserve Unified Data Protection(UDP)」は、スタンドアロンサーバに加えて物理マシンや仮想マシンなどの複雑な環境でもシステム全体をバックアップ/リカバリできるソフトウェア。Windowsに加えてLinuxにも対応する。Advanced、Premium、Premium Plusの3つのエディションがある。

編集部おすすめの関連記事

 独自のデータ重複排除技術を採用している。これは、データの重複をファイル単位ではなく、小さなブロック単位で排除する機能である。この機能によって、バックアップとリストアの時間を大きく削減する。

 単一サーバの場合、サーバのOSやアプリケーション、データを丸ごとバックアップして丸ごと戻せる。専門知識のないユーザーでもサーバ1台の小規模環境からバックアップ/リカバリできる。SQL ServerやExchange Server、SharePoint Server、Oracle Databaseにも対応する。

 初回のフルバックアップ以降は、変更ブロックのみを増分バックアップし続けることでバックアップデータを削減してバックアップにかかる時間を短縮する。設定した世代数を超えると一番古いバックアップとフルバックアップを自動的に合成する。

 バックアップデータは復旧テストできる。バックアップ完了後に復旧ポイントで復旧テストを実行する。インスタント仮想マシンの起動確認、あるいは、復旧ポイントをマウントしたファイル、システムの健全性確認の2種類から選択できる。

 物理マシンや仮想マシンの混在環境でも統合的にバックアップ/リカバリできる。VMware vSphereやMicrosoft Hyper-Vに対応する。仮想マシンにエージェントを導入することなく、バックアップできる。エージェントレスだが、継続的な増分バックアップ、仮想マシンの中にあるファイルやフォルダをリストアできる。仮想マシンが稼働する物理マシンも統合して管理できる。

 バックアップデータを遠隔地に転送したり、バックアップデータから仮想マシンを自動生成させたりして、リストアするよりも素早く業務を再開できる。エージェントが導入されたバックアップ対象サーバ側で重複は委譲する。エージェント側でも重複排除する。標準でバックアップデータの転送機能が搭載されている。

 障害発生時には、インスタント仮想マシンを作成することで仮想マシン経由でバックアップデータを参照して、一時的に業務を再開可能。リストアの時間を短縮できる。

Arcserve UDPのまとめ
用途と機能WindowsやLinux、仮想化環境を対象とした統合データ保護ツール
特徴初回のフルバックアップ以降は、変更ブロックのみを増分バックアップ。バックアップデータは復旧テストできる。物理マシンや仮想マシンの混在環境でも統合的にバックアップ/リカバリ
導入企業清水建設、霧島酒造など
税別価格サーバ単位
ライセンス+メンテナンス1年:Advanced=10万円
ソケット単位
ライセンス+メンテナンス1年:Advanced=10万円、Premium=20万円、Premium Plus=30万円

「バックアップ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]