IaaS PaaS IDC Japan

IT部門はパブリッククラウドに備えを--確実に進む企業ITの「所有から利用へ」

企業ITの在り方が「所有」から「利用」へと大きく変わろうとしている。IT調査会社のIDC Japanが10月8日に発表したユーザー動向調査の結果から、その実態が見えてきた。

 クラウドコンピューティングの進展により、企業ITの在り方が「自社所有」から「サービス利用」へと大きく変わろうとしている。IT調査会社のIDC Japanが10月8日に発表したユーザー動向調査の結果によると、国内サーバ市場における所有から利用へのシフトは確実に進んでいるものの、その実態は事業環境によって違いが見られるという。

 IDCは、サーバを含むITインフラ予算の変遷について、国内企業2社から情報開示を受け、インタビュー調査を実施した。そこから見えてきたのは、この2社が過去3年間にわたり、自社所有から外部サービスの活用へとシステムの切り替えを進め、ITインフラのコストの最適化を図ってきたことだ。

残り本文:約720文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態
  5. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan