NAS EMCジャパン

EMC Isilon:コントローラのボトルネックを解消するスケールアウト型NAS

スケールアウト型NASの「EMC Isilon」は、ディスクドライブとコントローラ部分を同時に追加することで、ボトルネックを生じさせない仕組みとなっている。

 EMCジャパンの「EMC Isilon」は、スケールアウト型のネットワーク接続ストレージ(NAS)である。

 従来からあるスケールアップ型のNASは、ストレージ装置の筐体内にディスクドライブを増設することで容量を拡張する仕組みである。1台のコントローラの配下にあるディスクドライブが増えるので、コントローラ部分がボトルネックになる。

 これに対してEMC Isilonは、複数台のストレージ装置を連携させて論理的な1つのクラスタシステムとして稼働する。記憶容量を増やす場合は、コントローラを内蔵したストレージ装置単位で増設することになるので、ボトルネックは生じないという利点がある。

 EMC Isilonは、「OneSF」というストレージOSを搭載し、ファイルシステムやボリューム管理、データ保護といった基本機能を備えている。NFS、SMB、HTTP、FTP、OpenStack、HDFSなどのファイルシステムとプロトコルに対応する。

 ストレージ装置あたりの容量が7.2T~28.8Tバイト(クラスタあたりの容量は16.2T~4.15Pバイト)の「EMC Isilon Sシリーズ」、12T~144Tバイト(同18T~20.7Pバイト)の「EMC Isilon Xシリーズ」、36T~210Tバイト(同108T~30.2Pバイト)の「EMC Isilon NLシリーズ」、354Tバイト(同1.06P~50.9Pバイト)の「EMC Isilon HDシリーズ」の4シリーズがある。

 このほか、既存のIsilonのクラスタに増設して、パフォーマンスを向上させる「EMC Isilon Aシリーズ」を提供。これは、16Gバイトまたは256Gバイトのメモリを搭載する機器で、クラスタに対するキャッシュメモリの役割を担う。

Isilon HD400//m20
最上位機の「Isilon HD400」(EMCジャパン提供)
EMC Isilonの概要
用途と機能エンタープライズ向けのスケールアウト型NAS
特徴16.2Tバイトから50.9Pバイトのストレージクラスタを構成可能
導入企業Core DataCloud、Jaguar Land Rover、ユタ大学科学コンピューティング&イメージング(SCI)研究所

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan