マーケティング

人気の衰えないメールマーケティング--効果創出に課題

Experian Data Qualityが発表したメールマーケティングの活用状況に関する調査結果によると、メールは現在も対顧客コミュニケーションツールとして多くの企業に使われているものの、データ管理が不十分で活用しきれていないという。

 Experian Data Qualityは、メールマーケティングの活用状況に関する調査結果を発表した。それによると、メールは現在も対顧客コミュニケーションツールとして多くの企業に使われているものの、データ管理が不十分で活用しきれていないという。

 多くの企業が、顧客のメールアドレス収集やメールの到達、メッセージのやり取りに課題を抱えており、メールデータベースの管理プロセスが不十分であることや不完全なカスタマービューに起因しているという。調査対象になった企業の92%はメールアドレス収集に苦労しており、ヒューマンエラーが最大の要因だとした。

 メールアドレス収集に使われる手段やタイミングは、商品購入時が70%、ウェブサイト経由が70%、何らかのイベントが42%、モバイルアプリまたはモバイルサイト経由が41%、コールセンターが36%だった。


メールアドレス収集の手段やタイミング(出典:Experian Data Quality)

 また、91%が顧客および見込み顧客のメールアドレスを収集しており、92%はメール登録者とのやり取りに改善の余地があると考えている。やり取り改善の近道としては、顧客に合わせてメールを送るパーソナライゼーションを挙げる意見が多い。

 しかし、顧客に関するデータを集約して一元管理できている企業はわずか16%だった。その理由としてExperian Data Qualityは、データ管理に複数の異なる技術が必要で、適切な技術が不足しているうえ、データ自体の品質が低いと指摘した。

 Experian Data Qualityの上級バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーThomas Schutz氏は「ほとんどの企業が、メールデータベースをメンテナンスしたり、メールにパーソナライゼーションを施したりできる確実な手法を持っていない」と話す。「そのため、メール配信に問題が生じ、メールでやり取りできる顧客の数が増えない。データ品質向上の取り組みを多少行うだけで、メール送信用データベースが改善され、セグメント化とパーソナライゼーションに向けた分析も行いやすくなる」(同氏)

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan