IaaS PaaS プライベートクラウド

世界ITインフラ支出--拡大を続けるクラウド、縮小する非クラウド

IDCは、全世界のITインフラ支出に関する調査を実施し、クラウドITインフラ支出が増え続けるという予測を公表した。

 IDCは、全世界のITインフラ支出に関する調査を実施し、クラウドITインフラ支出が増え続けるという予測を公表した。2015年の支出額は、クラウドITインフラが326億ドルで前年から24.1%増えるのに対し、従来型の非クラウドITインフラは前年比1.6%減の668億ドルになると見込む。

 クラウドITインフラ支出の内訳は、パブリッククラウドが205億ドル(前年比29.6%増)、プライベートクラウドが121億ドル(同15.8%増)と予想。いずれも大きく成長する見通しで、合わせるとITインフラ支出全体の32.8%を占める規模になる。ITインフラ種類別の支出シェアは、以下のとおりクラウドITインフラが拡大し、非クラウドITインフラが縮小する予測だ。

●クラウドITインフラ(パブリック)
・2015年:20.6%
・2014年:16.8%

●クラウドITインフラ(プライベート)
・2015年:12.2%
・2014年:11.2%

●非クラウドITインフラ
・2015年:67.2%
・2014年:72.1%

 今後の支出額については、クラウドITインフラは2019年まで年平均成長率(CAGR)15.1%で増加を続けて531億ドルに達し、支出シェア46%になる予測。パブリッククラウドのCAGRは16.3%で、プライベートクラウドの13.2%より成長ペースが速い。これに対し、非クラウドITインフラ向け支出はCAGR1.7%で減っていくとみる。


世界ITインフラ支出シェアの予測(出典:IDC)

 IDCは、クラウドITインフラとしてサーバ、ストレージ、イーサネットスイッチのデータをカウントし、サーバーとストレージで重複する部分は集計から除いた。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  2. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  3. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  4. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  5. 講演関連資料:クラウド型コンタクトセンター導入の3つのポイント

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]