IAサーバ レノボ・ジャパン

System xファミリ:IBMから引き継いだ中小規模向けx86サーバ

x86サーバの「System xファミリ」は、IBMのx86サーバ事業を買収後、レノボが自社ブランドの製品として提供している。

 レノボ・ジャパンの「System xファミリ」は、x86プロセッサを搭載したサーバである。小規模から中規模システムの性能レンジをカバーする。前身となる製品は「IBM System x」。IBMのx86サーバ事業を買収後、レノボは自社ブランドの製品として提供している。

 System xファミリには、小規模企業向けのタワー型サーバ「System xタワーサーバ」と、中小企業向けのラックマウント型サーバ「System xラックサーバ」の2系列がある。同社は、大企業向けにはラックマウント型サーバ「ThinkServerラックサーバ」を提供している。

 System xタワーサーバは、Intel Xeonプロセッサを搭載。最下位モデルの「System x3100 M5」は、同Core i3または同Pentium、Celeronも選択できる。最上位モデルの「System x3500 M5」は、Xeon E5-2600 v3プロセッサを2基(サーバあたり最大36コア)、最大1.5Tバイトのメモリを搭載する。

 System xラックサーバもXeonプロセッサを搭載。最下位モデルの「System x3250 M5」は、Core i3またはPentiumを選択できる。処理性能で最上位に位置する「System x3550 M5」は、Xeon E5-2600 v3プロセッサを2基(サーバあたり最大36コア)、最大1.5Tバイトのメモリを搭載する。365日24時間稼働するクリティカルワークロード向けの「System x3650 M5」はXeon E5-2600 v3プロセッサを2基(サーバあたり最大36コア)、最大1Tバイトのメモリを搭載。ストレージ容量が最大86.4Tバイトと、2ソケットサーバとしては大容量であることが特徴。

System x
タワー型の最上位機「System x3500 M5」(レノボ提供)
System xファミリの概要
用途と機能x86プロセッサを搭載するサーバ製品群
特徴小規模から中規模企業向けにラックマウント型とタワー型の2系列の製品を提供する
導入企業TOTO

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan