NAS SAN EMCジャパン

VNXe:SANとNAS対応のSMB向け統合ストレージ、SSDやFCにも対応

統合ストレージ製品の「VNXe」は、企業内に乱立するSANやNASを集約することで、運用の手間とコストを削減する。

 EMCジャパンの「VNXe」は、同社の統合ストレージ製品のエントリモデルで、中堅中小(SMB)企業向けに開発されている。ブロックデータを扱うストレージエリアネットワーク(SAN)と、ファイルデータを扱うネットワークアタッチトストレージ(NAS)を1台でまとめて管理できる。

 VNXeは、部門ごとにあるファイルサーバやストレージを集約したり、データの重複排除や圧縮技術によってデータ量を減らしたりすることで、運用の手間とコストを削減する。

 VNXe1600は、ソリッドステートドライブ(SSD)やハードディスクドライブ(HDD)を、最大200台400Tバイトまで搭載できる。ファイバチャネル(FC)やiSCSIとの接続オプションも備える。

 上位モデルのVNXe3200は、ストレージの自動階層化、SSDキャッシュなどの機能がある。2.2GHzのクアッドコアプロセッサを搭載しており、仮想マシンなら200台、仮想デスクトップなら600台に対応する。

VNXe
VNXeの外観(EMCジャパン提供)
VNXeの概要
用途と機能統合ストレージのエントリモデル
特徴ストレージを集約したり、データ量を減らしたりすることで、コストを削減する
税別価格VNXe1600:8613ドルから
VNXe3200:1万2311ドルから
導入企業トリドール、池坊学園

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan