ストレージ EMCジャパン

VNXe:SANとNAS対応のSMB向け統合ストレージ、SSDやFCにも対応

統合ストレージ製品の「VNXe」は、企業内に乱立するSANやNASを集約することで、運用の手間とコストを削減する。

 EMCジャパンの「VNXe」は、同社の統合ストレージ製品のエントリモデルで、中堅中小(SMB)企業向けに開発されている。ブロックデータを扱うストレージエリアネットワーク(SAN)と、ファイルデータを扱うネットワークアタッチトストレージ(NAS)を1台でまとめて管理できる。

 VNXeは、部門ごとにあるファイルサーバやストレージを集約したり、データの重複排除や圧縮技術によってデータ量を減らしたりすることで、運用の手間とコストを削減する。

 VNXe1600は、ソリッドステートドライブ(SSD)やハードディスクドライブ(HDD)を、最大200台400Tバイトまで搭載できる。ファイバチャネル(FC)やiSCSIとの接続オプションも備える。

 上位モデルのVNXe3200は、ストレージの自動階層化、SSDキャッシュなどの機能がある。2.2GHzのクアッドコアプロセッサを搭載しており、仮想マシンなら200台、仮想デスクトップなら600台に対応する。

VNXe
VNXeの外観(EMCジャパン提供)
VNXeの概要
用途と機能統合ストレージのエントリモデル
特徴ストレージを集約したり、データ量を減らしたりすることで、コストを削減する
税別価格VNXe1600:8613ドルから
VNXe3200:1万2311ドルから
導入企業トリドール、池坊学園

「ストレージ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ
  2. マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?
  3. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  4. 中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例
  5. 業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]