NAS SAN EMCジャパン

VNXe:SANとNAS対応のSMB向け統合ストレージ、SSDやFCにも対応

統合ストレージ製品の「VNXe」は、企業内に乱立するSANやNASを集約することで、運用の手間とコストを削減する。

 EMCジャパンの「VNXe」は、同社の統合ストレージ製品のエントリモデルで、中堅中小(SMB)企業向けに開発されている。ブロックデータを扱うストレージエリアネットワーク(SAN)と、ファイルデータを扱うネットワークアタッチトストレージ(NAS)を1台でまとめて管理できる。

 VNXeは、部門ごとにあるファイルサーバやストレージを集約したり、データの重複排除や圧縮技術によってデータ量を減らしたりすることで、運用の手間とコストを削減する。

 VNXe1600は、ソリッドステートドライブ(SSD)やハードディスクドライブ(HDD)を、最大200台400Tバイトまで搭載できる。ファイバチャネル(FC)やiSCSIとの接続オプションも備える。

 上位モデルのVNXe3200は、ストレージの自動階層化、SSDキャッシュなどの機能がある。2.2GHzのクアッドコアプロセッサを搭載しており、仮想マシンなら200台、仮想デスクトップなら600台に対応する。

VNXe
VNXeの外観(EMCジャパン提供)
VNXeの概要
用途と機能統合ストレージのエントリモデル
特徴ストレージを集約したり、データ量を減らしたりすることで、コストを削減する
税別価格VNXe1600:8613ドルから
VNXe3200:1万2311ドルから
導入企業トリドール、池坊学園

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]