コンバージド・ハイパーコンバージド 日立製作所

BladeSymphony:サーバ集約、クラウドに最適な垂直統合型システム

垂直統合型システムの「BladeSymphony」は、ブレードサーバを核に、ストレージ、ネットワークなどを一体化し、システム全体の統合的な運用管理を実現する。

 日立製作所の「BladeSymphony」は、ブレードサーバを核に、ストレージ、ネットワーク、システム管理ソフトウェアを一体化した垂直統合型システム。サーバ統合、グリーンIT、クラウドコンピューティングなどに適している。

 ブレードサーバは、仮想化/クラウド基盤に適した「BS500」、基幹系システムやビッグデータ処理、高信頼クラウドに適したハイエンドクラスの「BS2500」、4台のサーバブレードを接続して最大8プロセッサ80コアのSMP(対称型マルチプロセッシング)サーバとして利用できる「BS2000」から選べる。いずれも、Windows Server、Red Hat Enterprise Linux、VMware vSphere、Citrix XenServerをサポートする。

 ストレージには、ディスクアレイ装置「BRシリーズ」を使用する。「BR1650E」は、8Gbpsのファイバチャネル(FC)ポートを最大16ポートまで拡張し、最大240台までのハードディスクドライブ(HDD)を搭載できる。「BR1650S」は8Gbps FCポートを最大8ポートまで使用でき、最大120台までHDDを搭載可能。「BR1200」はSASインターフェースを採用し、2Uのきょう体に3.5インチHDDを最大12台、または2.5インチHDDを最大24台、拡張用きょう体を使えば最大96台搭載できる。

 ネットワークは、ギガビットスイッチ「CommuniMax AX2400S/AX3600S」とロードバランサ「Hitachi Load Balancer/EL130」を搭載する。前者は、ネットワークのダウンタイムを短縮するとともに、通信帯域を制御するサービス品質(QoS)機能を備え、重要度の高い基幹データの通信帯域を保証する。後者は、マルチプロセシングを実現する独自OSにより、高いL4/L7/SSLパフォーマンスを実現する。

 仮想化機能では、独自開発のサーバ論理分割機構「Virtage」を標準搭載するほか、仮想化ソフトウェアのvSphereやHyper-V、Red Hat Enterprise Linux 6 KVMに対応。部門システムから基幹系まで対応する。サーバ、ストレージ、ネットワークの統合管理ソフトウェア「BladeSymphony Manage Suite」を利用すれば、ウェブコンソールで、サーバシャーシとサーバブレードごとの消費電力量の履歴などを24時間監視できる。

BS2500
BS2500の外観(日立製作所提供)
BladeSymphonyの概要
用途と機能ブレードサーバを核に、ストレージ、ネットワーク、管理ソフトなどを一体化したプラットフォーム
特徴ブレードサーバは、仮想化/クラウド基盤に適した「BS500」、基幹系システムやビッグデータ処理基盤や高信頼クラウド基盤に適したハイエンドクラスの「BS2500」、4台のサーバブレードをSMP接続して最大8プロセッサ80コアのSMPサーバとして利用できる「BS2000」などから選べる
税別価格BS500が50万5000円から、BS2500が77万3000円から、など
導入企業ジェーシービー、佐世保中央病院、三協立山

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  2. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan