SDN/ネットワーク仮想化 ネットワンシステムズ

済生会病院、情報系システムを共通化--ネットワーク仮想化でセキュリティ強化

福井県済生会病院は、医療情報システム用の共通仮想基盤を構築し、各診療部門で個別導入されていたサーバ群を集約した。マイナンバー制度の導入も見据えてセキュリティ強化にも同時に取り組んだ。

 社会福祉法人恩賜財団済生会支部 福井県済生会病院(福井県福井市)は、医療情報システム用の共通仮想基盤を構築し、8月から稼働を始めている。ネットワンシステムズが10月6日に発表した。

 福井県済生会病院は、460床、23診療科、職員約1200人を有する福井県の中核病院。診療部門システムごとに物理サーバを導入、運用していたため、「新規システムの導入時に、物理サーバの新規購入が必要」「物理サーバの増加にともない、保守費や空調費などの運用コストも増加」「障害発生時の冗長対策が不十分」といった課題があった。

残り本文:約850文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan