コンバージド・ハイパーコンバージド シスコシステムズ ネットアップ

FlexPod:プライベートクラウドを迅速展開する垂直統合型システム

垂直統合型システムの「FlexPod」は、事前検証済みプラットフォームであるため、導入の時間やリスク、ITコストを削減する。

 「FlexPod」は、ネットアップのストレージと、シスコシステムズのサーバ「Cisco Unified Computing System(UCS)」、ネットワークスイッチ「Cisco Nexus」シリーズで構成する、垂直統合型のプライベートクラウド基盤である。さまざまな構成の事前検証済みプラットフォームとして提供するため、導入時間、プロジェクトのリスク、ITコストを削減できる。

 FlexPodは、仮想化環境を管理しリソースをプール化することで、迅速なプロビジョニングが可能。スモールスタートで段階的に拡張することにより、初期投資と運用コストを削減できる。オールフラッシュアレイに加えて、フラッシュとハードディスクドライブ(HDD)のハイブリッド構成にすることも可能である。

FlexPod
FlexPodの外観(ネットアップ提供)

 検証済みプラットフォームは、大企業向け「FlexPod Datacenter」や中堅企業向け「FlexPod Express」のほか、データウェアハウスなどの専用ハイパフォーマンスワークロードをサポートする「NetApp FlexPod Select」がある。NetApp FlexPod Selectには、オープンソースの分散処理技術「Apache Hadoop」と組み合わせた「FlexPod Select with Hadoop」、Oracle Databaseのクラスタリング機能「Oracle RAC」と組み合わせた「FlexPod Select for Oracle」がある。

 ネットアップは、FlexPodを含むプライベートクラウド基盤と、日本マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Azure」を接続する「NetApp Private Storage for Microsoft Azure」サービスを提供している。このサービスを用いると、Microsoft Azureとプライベートクラウド間でのデータのやり取りが可能になり、Azureのリソースを社内システムの一部として扱えるようになる。

FlexPodの概要
用途と機能事前検証済みのプライベートクラウド基盤
特徴ネットアップのストレージと、シスコシステムズのサーバ「Cisco Unified Computing System(UCS)」、ネットワークスイッチ「Cisco Nexus」シリーズで構成する
税別価格FlexPod Expressが971万9500円、など(ネットワールドにおける価格例)
導入企業エクシード、Blueship、豊後高田市、大阪府教育委員会事務局

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. 人手がかかりすぎるから脱却するには?:「脅威インテリジェンスの活用と自動化」によるアプローチ
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan