コンバージド・ハイパーコンバージド シスコシステムズ ネットアップ

FlexPod:シスコ製サーバとネットアップ製ストレージのコンバージドインフラ

コンバージドインフラ「FlexPod」は、シスコのx86サーバやネットワークスイッチなどにネットアップのスケールアウト型ユニファイドストレージを組み合わせる。事前検証済構成でユーザー企業が改めて検証する必要がない。

FlexPodのポイント

  • さまざまなワークロード向けに設計構築ガイドが公開
  • SSDとHDDのハイブリッド構成にすることも可能
  • 主要なサーバ仮想化ソフト/ハイパーバイザをサポート

FlexPodの製品解説

 「FlexPod」は、シスコシステムズのx86サーバやスイッチとネットアップのストレージを組みあわせたコンバージドインフラ。さまざまなハイパーバイザやワークロードで動作を検証。メーカーによる事前検証済構成でユーザー企業が改めて検証する必要がない。さまざまなワークロード向けに設計構築ガイドが公開されている。

編集部おすすめの関連記事

 シスコのx86サーバ「Cisco Unified Computing System(UCS)」シリーズやネットワークスイッチ「Cisco Nexus」シリーズ、インターコネクトにネットアップのスケールアウト型ユニファイドストレージ「NetApp FAS」シリーズを組み合わせる。「UCS Director」で管理する。

 仮想化環境を管理しリソースをプール化することで、迅速なプロビジョニングが可能。スモールスタートで段階的に拡張することにより、初期投資と運用コストを削減できる。オールフラッシュアレイに加えて、フラッシュとハードディスクドライブ(HDD)のハイブリッド構成にすることも可能である。

 対応するハイパーバイザ/サーバ仮想化基盤ソフトウェアはvSphereやHyper-V、XenServer、KVMなど。クライアント仮想化ソフトウェアのView(旧Horizon View)にも対応。オープンソースソフトウェア(OSS)のIaaS環境構築管理ソフトウェア「OpenStack」の商用ディストリビューションもサポートしている。

 小規模環境向けの「FlexPod Express」と大規模環境向けの「FlexPod Datacenter」の2系統が用意されている。FlexPod Expressは小規模なクライアント仮想化基盤やサーバ仮想化基盤、部門サーバ統合などを想定している。FlexPod Datacenterは必要なサイズのコンポーネントを柔軟に組み合わせられる。

FlexPodのまとめ
用途と機能メーカーの事前検証構成のコンバージドインフラ
特徴仮想化環境を管理しリソースをプール化することで、迅速なプロビジョニングが可能。さまざまなハイパーバイザやワークロードで動作を検証

「コンバージド・ハイパーコンバージド」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]