UTM フォーティネットジャパン

FortiGate:セキュリティ機能を1台に集約した統合脅威管理装置

統合脅威管理(UTM)アプライアンス「FortiGate」は、ファイアウォールやIDS/IPS、ウイルス対策などネットワークやセキュリティ対策に求められるさまざまな機能をまとめて利用できる。

 「FortiGate」は、フォーティネットジャパンが提供する統合脅威管理(UTM)アプライアンス。企業や組織のネットワークやセキュリティ対策に求められるさまざまな機能を統合し、1台の機器にまとめた。既存のファイアウォールを置き換える形でゲートウェイに設置するため、導入の際にネットワーク環境を大きく変更する必要がない。

 セキュリティ機能として、ファイアウォール、不正侵入検知と防御(IDS/IPS)、ウイルス対策、スパム対策、ウェブフィルタリング、アプリケーションの可視化と制御、情報漏洩防止(DLP)、仮想閉域網(VPN)、SSLインスペクション、サービス妨害(DoS)対策、検疫などの機能を提供。ネットワーク機能として、WAN最適化、トラフィックシェーピング、ロードバランシング、IPv6などの機能を備える。

 FortiGateは、高パフォーマンスを実現するために独自開発の専用プロセッサ「FortiASIC」を搭載する。FortiASICには、ファイアウォール、VPN、IPSなどネットワークレベルの防御機能を担う「FortiASICネットワークプロセッサ」、ウイルス対策やウェブフィルタリングといったコンテンツレベルでの防御機能を担う「FortiASICコンテンツプロセッサ」、それらを1つのチップに統合した「FortiSoC」がある。

 SOHO向けデスクトップモデルの「FortiGate-30D/FortiWiFi-30D」をはじめ、中大規模企業向けミッドレンジモデルの「FortiGate-300-500シリーズ」、データセンタ向けハイエンドモデルの「FortiGate-3000シリーズ」など幅広いラインアップを用意。アプライアンス単位で、ユーザー数無制限のライセンスで提供する。

FortiGate-500Dの外観
FortiGate-500Dの外観(フォーティネット提供)
FortiGateの概要
用途と機能統合脅威管理アプライアンス
特徴ウイルスとスパイウェア対策、スパム対策、アプリケーション可視化と制御、ウェブフィルタリングなどのセキュリティ機能とネットワーク機能を1台の製品に統合して提供する
税別価格FortiGate-500Dの本体価格が218万4000円(FortiGuard製品ライセンスが別途必要)、など(データコントロールにおける価格例)
導入企業NTTコミュニケーションズ、キヤノンITソリューションズ、名古屋工業大学、農林水産省 農林水産研究情報総合センター、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan